既卒の内定者が教える!既卒者におすすめの就職サイトBEST5

imasia_14213985_S-2

既卒の就職活動を始めるにあたり「どんな就職サイトで求人を探せばいいの?」と悩んでいませんか?

新卒の時は「とりあえずリクナビ」としておけば良いのですが、既卒では決められたやり方が知られていないので、戸惑ってしまいますよね。

そこで、既卒生として就活をした私が、既卒者の目線で「おすすめの既卒就職サイトBEST5」を厳選してご紹介します。この記事だけ読めば、どのサイトを使えば良いのか、すぐにわかります。

1位…ハタラクティブ(既卒の実績40000人以上、内定率は80.4%)

hatarakutelibu.png

ハタラクティブの特徴

  • 既卒がハンデにならない「既卒歓迎」の求人を多数紹介
  • 求人の質が高く、利用者の就職先の51%が上場企業
  • 登録すると、キャリアコンサルタントがつき、模擬面接や履歴書の添削をしてくれる
  • 利用者の内定率は80.4%(2015年実績)

ハタラクティブは、既卒者に特化した就職サイトです。既卒がハンデにならない既卒向けの求人を多数紹介してくれます。

一般的に、既卒の求人は中小企業のものが多くなりがちです。しかし、ハタラクティブは上場企業や中堅企業(資本金一億円以上)の安定した企業の案件を中心に紹介しています。実際、利用者の就職先の51%が上場企業です。既卒向けのサイトでここまでの質の所は、他にありませんでした。

登録すると、キャリアアドバイザーが専属でつき、模擬面接トレーニングまでしてくれます。模擬面接をすると、「早口すぎて自信が無さそうに見える」など、自分の弱点が客観的に指摘してくれるので、受けておくと面接の結果が変わってきます。

サポートの充実もあって、利用者の内定率は80.4%。既卒で就活をするなら、まず利用を検討したいサイトです。

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

2位…UZUZ(とにかく親身なサポート。IT系の案件に強い)

スクリーンショット 2016-02-05 12.23.26

UZUZの特徴

  • 模擬面接トレーニングのサポートが充実。10時間以上かけて、面接を指導してくれる
  • 離職率の高い会社や評判が悪い会社は、紹介から外すシステムがある
  • キャリアアドバイザーの大半が「既卒経験者」なので、アドバイスが親身
  • 利用者の内定率は75%以上(2015年実績)
  • 若い会社のため、案件数がやや少ない。IT系の求人はかなり充実

UZUZも、ハタラクティブと同じく、既卒が不利にならない「既卒歓迎」の求人を多数紹介してくれるサイトです。

このサイトの特徴は「とにかく圧倒的に親身なサポート」です。10時間以上かけて、面接の指導をしてくれます。一回のセッションで2時間ほどかけ、弱点が克服できるまで何度でも模擬面接につきあってくれます。このサポートは圧倒的です。

ハタラクティブには少し劣りますが、紹介する企業の質も高いです。上場企業の案件もかなり多いです。また、内定者の離職率が高い企業は紹介から外すシステムがあるので、安心して利用できる点もいいです。

若い企業のため、紹介求人の業界がややITに偏っています。メーカーなどを志望する人には向いていません。が、IT系の求人はかなり幅広く紹介しているので、IT志望者にはオススメです。

⇒UZUZの詳細はこちら

3位…いい就職.com(既卒支援の老舗企業。地方支店が多く、地方から利用しやすい)

スクリーンショット 2016-02-05 13.07.05

いい就職.comの特徴

  • 既卒の就職サイトの老舗。2000件以上の既卒向け求人を幅広く紹介
  • 東京・大坂・名古屋に支店があり、地方から利用しやすい
  • 利用者は、既卒者向けの就職セミナーや模擬面接大会などのサポートを受けられる
  • 第二新卒も利用するサイトのため、条件の良い求人は実務経験者と争うことがある

いい就職.comは、既卒の就職サイトでは老舗です。2000件以上とかなり多数の既卒向け求人を紹介してくれます。また、紹介してくれる業界も多岐にわたり、求人の数・幅ではNo1のサイトです。

また、東京・大坂・名古屋にも支店があるため、地方の就活生でも気軽に利用できます。利用者には就職セミナー(自己分析、履歴書の書き方など)を利用でき、既卒の就活対策ができます。

ただ、ハタラクティブやUZUZのように、専任のアドバイザーがつきっきりで指導してくれるわけではないので、就活指導は2つに劣ります。くわえて、第二新卒(社会経験者)も利用するサイトなので、条件の良い求人は実務経験者と争うことになるのがマイナスです。

⇒いい就職.comの詳細はこちら

4位…リクナビ(既卒でも3年以内なら利用可能。大企業の求人が多数)

スクリーンショット 2016-02-09 12.07.20

リクナビの特徴

  • 既卒でも卒業後3年以内なら利用可能。企業の7割が既卒者を受け入れている
  • トヨタ、ホンダ…日本を代表する有名企業の求人に応募できる
  • 企業の採用ターゲットは新卒なので、既卒で受けると不利になる

既卒でも、卒業後3年以内なら、新卒枠で企業の選考に応募できます。新卒枠の求人を探すなら、やはりリクナビは欠かせません。

日本を代表する有名企業に応募できるのは、リクナビだけです。職務経験がなくても、有名企業の選考が受けられるのは、卒業後3年以内だけ。このチャンスはぜひ利用したいところです。

厚労省の通達を受けて、大企業の多くは、既卒者を受け入れるようになりました。マイナビの調査によれば、7割以上の企業が既卒者を受け入れています。試しに、リクナビで「既卒可」で検索してみましょう。数多くの大企業が既卒を受け入れていることがわかります。

既卒で新卒向けの求人を受けると、新卒で受けるのに比べれば、不利になるのは事実です。しかし、可能性は低くなるとしても、リクナビの掲載している企業は魅力的なので、是非チャレンジしてみましょう。

⇒リクナビの公式サイトはこちら

5位…リクナビダイレクト(既卒版のリクナビ。企業の採用意欲が高い)

スクリーンショット-2016-02-08-14.30.49.png

リクナビダイレクト(既卒)の特徴

  • 企業の既卒者を採用する意欲が強く、内定率が高い。利用者は、平均して、4社受けたら1社内定をとっている
  • 書類選考が不要で、確実に面接を受けさせてもらえる。選考スピードも早い
  • 紹介する企業は、従業員100人程度の中小企業が中心。規模が大きい会社は少ない

リクナビには、既卒者向けの「リクナビダイレクト」があります。このサイトは、既卒者専門のサイトなので、求人は完全に既卒ターゲットです。企業の既卒者を採用する気持ちが強く、利用者は4社受ければ1社からは内定が出るほど、高い内定率を誇ります。

また、書類選考が不要で確実に面接に進めるので、スムーズに就活を進められます。採用意欲が高いため、選考スピードが早く、最短2週間で正社員の内定を獲得できます。

ただ、残念ながら、紹介してもらえる企業は中小企業が大半で、上場企業の案件は一部しかありません。

それでも、高い内定率を誇っているサイトなので、使う価値は十分あります。上にあげたサイトで内定が出なかった場合は、リクナビダイレクト(既卒)で内定を狙いましょう。

⇒リクナビダイレクトの詳細はこちら

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。