既卒4年目でも大丈夫!既卒フリーターでも内定できる秘訣

imasia_13178431_S-1

「既卒3年以内なら、新卒扱いで採用選考する」企業が増えています。しかし、大学卒業から3年以上がたち、既卒4年目になると、新卒枠で採用選考してもらえなくなり、就職活動が一気に厳しいものになります。

「職歴もなくて、既卒4年目になったら、人生終了じゃないか・・・」と悩んでいる人も少なくないはずです。

でも、大丈夫。簡単ではありませんが、既卒4年目、職歴なしでも正社員の内定を獲得することは可能です。そこで、既卒4年目のフリーターでも、2社の内定を獲得した私が、既卒4年目の就職活動のコツを詳しくご紹介します。

1.既卒向けの就職サービスを利用する

imasia_14332578_S

既卒3年目以内なら、リクナビ・マイナビ経由で企業に応募しても採用選考してもらえます。が、既卒4年目になると、書類の時点でほぼ落とされてしまいます。(私はいわゆる難関私大を卒業していましたが無理でした)

だから、新卒ナビサイトは利用できません。ハロワークで「学生向け」の求人を探しても、基本的に3年以内の既卒が対象のものが多いため、使いづらいです。

使える!既卒向けの就職サービス

そこで、使えるのが「既卒向けの就職サービス」です。これは、企業が「既卒向け」に求人を出している就職サービスなので、4年目の既卒でも採用のチャンスがあります。

リクナビダイレクト

特に、使えるサービスとしては、リクナビの既卒版である「リクナビダイレクト」があります。これは、どの企業も既卒向けに求人を出しているので、採用確率が高く、利用者平均で、4社受けて1社内定を獲得しています。また、書類選考もなく、空白期間のある履歴書で不利になりません。

内定確率が高いため、ぜひ利用したいサービスです。

⇒リクナビダイレクトの公式サイトはこちら

ハタラクティブ

ハタラクティブは、既卒・フリーター向けの就職エージェントサービスです。登録すると、専任のキャリアコンサルタントがつき、既卒向けの求人紹介や、履歴書の添削・模擬面接による面接指導を受けることができます。

特に、模擬面接による指導が非常に使えます。「言っている内容は良いが、早口のため自信がなく見える」などの欠点を模擬面接で指摘してもらえるので、面接力が短期間でぐっとアップします。

リクナビダイレクトは、求人の数が多いですが指導がなく、ハタラクティブは指導がありますが求人紹介数はリクナビに劣ります。なので、二刀流で使うと良いでしょう。

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

2.空白期間を説明できる「武器」を用意する

imasia_11936256_S

既卒4年目になると、長い空白期間があくため、面接でかなり高い確率で突っ込まれます。この時に上手く説明できないと、なかなか内定は出来ません。

だから、「こんな活動をして、自分なりに〜という学びを得ることが出来た」と、空白期間を肯定的に説明できるように準備しましょう。たとえば、私の場合は、以下の例文のように回答していました。

空白期間を肯定的なアピールにつなげよう

回答例

就職活動に失敗した理由は、伝達能力の低さであると感じ、この弱みを克服するため、空白期間は塾講師のアルバイトをしていました。

最初はプレゼンも上手くなく、生徒の評判も悪く、散々な出来でした。しかし、「ここで逃げ出したら、ずっと逃げることになる」と考え、自分の授業姿をビデオに録画し、欠点を把握し、次の授業ではそれを治すよう、何度も何度も繰り返しました。

結果、次の学期では文系講師でトップの評価を獲得できました。この経験から「自分でも頑張れば出来る」と自信がつき、責任のある仕事をしたいという気持ちが強くなり、現在の就職活動に至っております。同世代の人に比べて、遠回りをしましたが、意味のある経験が出来たと思っています。

このように「〜という目的意識を持って取り組んだ」「この経験から〜という学びを得ることができた」などを語り、空白期間を肯定的に語れるようにしましょう。

空白期間だけでなく、「なぜ既卒になったのか?」「就職活動に失敗した理由、もしくは就職活動をしなかった理由は何か?」「なぜここまで正社員としての就職活動をしなかったのか?」も非常によく聞かれる質問です。肯定的に答えられるよう、回答を準備してください。

3.あえて強気に自信満々に振る舞う

imasia_12755412_S

既卒4年目の面接は、厳しいことを聞かれがち

既卒4年目で面接を受けると「君と同い年の同級生は、もう部下がついて責任のある仕事をしている人もいると思うんだけど、その点はどう思う?」など厳しい質問をされることもあります。すると、どうしても声が暗く、小さくなってしまう。

でも、ここで意気消沈した様子を見せたら、面接官の思う壺。内定は一気に遠のきます。では、どうすれば良いのでしょうか?

ハッキリ話すことで、+の評価につながる

それは、マイナスの内容、話したくない過去の失敗を聞かれた時こそ、はっきりした大きな声でしっかり話すのです。

過去の失敗について「こういう原因で失敗した」と反省し「しかし、そこから〜という学びを得て、現在は〜をしている」と成長を語りましょう。自信を持った声で伝えれば、面接官の印象はぐっとよくなります。

4.「勉強」をアピールして、成長意欲を示す

imasia_9596991_S

既卒4年目だと、年齢も上であるため、若い人に比べて「伸びしろがない」と判断されがちです。

だから、「伸びしろ」を示すために、仕事への意欲を示しましょう。僕がやっていたのは、受けている職種の関連資格(僕は文系ですがITエンジニア志望だったので、ネットワーク系のCCNAとJavaの勉強をしました)を勉強していることをアピールする方法です。

「勉強」で志望動機の説得力をアップさせる

資格をとるのは大変ですが、「勉強」なら誰でも始められますよね。そして、志望動機を言う時に

仮に入社させていただいた際に、すぐに活躍できるように既にCCNA(ITネットワークの資格)の学習を始めております。社会を支えているITネットワークの仕組みが一つ一つ分かっていく楽しさに夢中になり、今は空き時間を使って1日3時間のペースで学習を進めています。

とアピールするのですね。仕事への成長意欲を示し、「伸びしろ」を面接官に感じさせることができます。

これらの工夫をすれば、既卒4年目でも内定をとるのは決して難しくありません。「既卒4年目だ・・・人生終わった・・・」と諦めずに積極的に就職活動をしていきましょう。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。