既卒の面接で「空白期間」を質問された!実際に私が使った回答を徹底解説【例文あり】

既卒面接でよく聞かれる質問に、「空白期間(職歴のない期間)は何をして過ごしていたのですか?」があります。

履歴書では、職歴のない期間は「空白」になるので、その間に何をやって過ごしていたのかは当然気になることですよね。特に、1年以上の空白期間がある人は、上手く答えないと面接官の心象を悪くしてしまう可能性があります。

そこで、既卒で空白期間ありの条件で内定をとった私が、空白期間について聞かれた時の上手な回答法をご紹介します。

フジワラ

管理人である私は、学生時代に塾講師のアルバイトをしていただけで、他の職歴は一切ありません。そんな私でも内定獲得できたので、その実体験ノウハウをお伝えします!

既卒の内定は面接での「空白期間」の答え方で決まる?

空白期間ができてしまう理由にはさまざまあり、ネガティブなものだけでなくポジティブなものもあります。一般的には以下などが多いのではないでしょうか。

一般的に空白期間ができてしまう理由

  1. 就活したけど内定をもらえなかった
  2. 内定はもらったけど希望と違ったから辞退した
  3. そもそも就職活動をしていないまま卒業した
  4. 公務員試験に落ちた

どんな理由で既卒になろうと、ほとんどの面接で聞かれるのが「卒業後は何をしていましたか?」という、空白期間を尋ねる質問です。

空白期間に対する質問への答え方次第で、既卒は内定をもらえるといっても過言ではありません。

ここがポイント

既卒の就活において空白期間を聞かれた時の対策は必須項目

既卒の就活が不利なのはこの空白期間が大きく関係している

一般的に、既卒の就活は難しいといわれることが多いですが、それは既卒ならではの空白期間が関係しているからです。

採用担当者は、空白期間中に「特に何もせずに遊んでいたのではないか」という点を気にしています。つまり、どんな理由で既卒になって、空白期間中にどれだけ有意義な経験を積んでいようが、マイナスイメージから入ってくるのです。

マイナスイメージをひっくり返す回答をしなければ、既卒の就活は成功しないでしょう。

特に卒業後1年以上のブランクが空いている人はより重要に

もし、学校を卒業して間もない既卒者であれば、空白期間について質問されない場合があります。

しかし、学校を卒業してから1年以上経っている既卒者に対しては、ほぼ必ず聞いてくるでしょう。既卒者を採用するにあたって、1年という期間をどう過ごしたのかが気になるからです。

評価に直接関わってくるので、自分は大丈夫だと思わずに、面接官が納得するようしっかり対策しましょう。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

空白期間(ブランク)の回答例

面接時の質問対策

いきなり解説を読んでも、イメージがわかないと思います。そこで、私が既卒で就活をしていた時に、実際に使っていた回答例をご紹介します。まずは回答例を読んで、イメージを掴んでください。

回答例

就職活動に失敗した理由は、伝達能力の低さであると感じ、この弱みを克服するため、空白期間は塾講師のアルバイトをしていました。

最初はプレゼンも上手くなく、生徒からの評判も悪く、散々な出来でした。しかし、「ここで逃げ出したら、ずっと逃げることになる」と考え、自分の授業姿をビデオに録画し、欠点を把握し、次の授業ではそれを改善することを何度も何度も繰り返しました。

結果、次の学期では文系講師でトップの評価を獲得できました。

この経験から「自分でも頑張ればできる」と自信がつき、正社員として責任のある仕事をしたいという気持ちが強くなり、現在の就職活動に至っております。同世代の人に比べて遠回りをしましたが、意味のある経験ができたと思っています。

【転職のプロの無料カウンセリングを受けてみる】

業界大手の適性診断・模擬面接などの面接対策・既卒向けの求人紹介など、既卒・第二新卒・フリーターの支援実績業界トップクラス!

最短2週間で内定と早く内定がほしい方にもおすすめ!

内定実績(一部):上場メーカー・メガベンチャー・老舗の専門商社・上場IT企業など

面接で空白期間を聞かれた時の4つの回答のポイント

面接で空白期間を聞かれた時の4つの回答のポイント

上でご紹介した回答例をもとに、「面接で空白期間について聞かれた時の対応」について詳しく解説していきます。4つの回答のポイントをおさえて、自分なりの回答を作成しましょう。

1.空白期間がある=終わりではない

まず、知っておいて欲しいのが「空白期間があるからといって、面接に落ちるわけではない」ということです。空白期間は短いほど有利ですが、長いから終わりというわけでもありません。

だから、空白期間について突っ込まれても「もう終わりだ…」と焦らないで、落ち着いて回答してください。焦りは意外と他人の目に映りやすいです。

たとえば、私は2年間の空白期間がありましたが、既卒として内定を貰えました。空白期間があっても上手に回答すれば挽回可能なのです。

2.空白期間を肯定的に説明する

実際には、「ただバイトをして生活費を稼いでいた」としても、自分を売り込む面接ですから、肯定的に説明しなければなりません。

空白期間を肯定的に説明するには、以下のポイントを押さえるといいでしょう。

空白期間をポジティブに伝えるために

  1. ~という目的意識を持って、~という活動に取り組んだ(目的意識をアピール)
  2. 少しでも成果をあげるため~を心がけて取り組んだ(活動の中で工夫・努力したこと)
  3. 結果、~という学びを得ることができた

ポイントは「正社員としての就業はしていないが、自分なりに目的意識を持って物事に取り組み、何かしらの学びを得た」とアピールすることです。

空白期間も肯定的に説明できれば、実際は大きなマイナスポイントにはなりません。

3.「なぜ就職活動に至ったのか」を語り、働く意欲をアピール

空白期間が長いと、人事は「働く意欲が低いのでは?」と懸念を抱きます。だから、その懸念を払拭するために「なぜ自分は正社員として働きたいのか?」を熱く語りましょう。

そして、次に「そこからなぜ正社員として就職活動をする気持ちになったのか?」と気持ちが変わった経緯をしっかり語り、働く意欲をアピールするのです。

「空白期間の後にやった活動(アルバイト・インターン)からこんな気づきを得て、再び就職活動をする気持ちになった」などのストーリーが面接官に受けやすく、おすすめです。

最後に働く意欲を語って、回答をしめればトータルでプラスの印象になります。

4.自信を持って答える

私が就職活動の指導をしてもらった「DYM就職」のアドバイザーに指摘されたのが、「空白期間の説明の時に、声のトーンが落ちている。そのせいで話している内容以上に、マイナスの印象を受ける」ということです。

確かに、空白期間は答えにくい内容ですし、無意識のうちにどうしても声のトーンが暗くなりがちです。暗い声で話すと、余計マイナスに評価されてしまいます。

だから、空白期間を語るときは、「自信を持ってハキハキとした声で語る」を意識してください。自信を持って語れば、マイナスの内容でも、面接官に良い印象を与えることができます。

面接に自信がない既卒者はプロにアドバイスを仰ごう

転職エージェントで受けられるサービス

ここまでで、既卒ならではの空白期間に対する回答例と回答ポイントをご紹介しましたが、本当にこれでいいのかと不安に感じる人もいるでしょう。

私も利用しましたが、既卒専門の就職エージェントに相談してみるといいです。求人紹介だけでなく、履歴書の添削や面接対策をしてくれて、もちろん空白期間の上手い回答の仕方のアドバイスもくれます。

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

まとめ:空白期間があっても答え方次第で既卒の就活は成功する

内定獲得

既卒になってしまったのは仕方ありません。そもそも既卒を募集しているので、既卒になってしまったことを責める面接官はいません。その代わり、既卒になった後に何をして過ごしていたかがとても重要になります。

何をして空白期間を過ごしていたかの回答次第で、面接官の印象を大きく変えて、内定率を上げることができます。

ご紹介した例文や回答ポイントを参考にするとともに、ぜひ就職エージェントにも相談してみてください。私も利用して内定を獲得しましたので、とてもおすすめですよ

フジワラ

既卒の面接はきちんと対策しておく事が重要です。その際、自分なりの回答を準備するよりも、プロに聞いて準備した回答を用意しておく方が圧倒的に成果は高いです。無料の就職支援サービスをぜひ活用してみましょう!

この記事で紹介したサービス

  1.      「ウズキャリ既卒」:ホワイト企業限定!既卒の内定実績86%。他社の10倍時間をかけて、就活をサポート!    
  2.      「えーかおキャリア」:定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!    
  3.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短2週間で内定!上場企業/メガベンチャーなど、人気企業の内定実績多数!

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_14141661_S-2 1
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

3
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_9065120_S4
キャリアパーク就職エージェント既卒・第二新卒(最短1週間で内定!ES・一次選考免除の特別フローへご案内)

年間1,000名以上を面談してきた、就活のプロが内定までサポート。 特別選考の求人や人事責任者に直接推薦するため、最短1週間で内定も可能です。

imasia_9065120_S5
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数