面接で「既卒になった理由」を聞かれた時の効果的な回答法

既卒になった理由

既卒の面接をしていると、とても高い確率で聞かれる質問があります。それは「なぜ既卒で就職活動をしているのですか?」という質問です。

既卒で面接をしていると、70〜80%ほどの確率で聞かれる質問です。また、この質問にどう答えるかで内定するかしないかが決まる非常に重要な質問でもあります。

そこで、空白期間あり、職歴なし、27歳という条件で既卒内定をとった私が、面接官に受ける「既卒になった理由」の答え方をご紹介します。

ユウキ君

この質問、面接に行くたびに聞かれるので正直困ってます。何て答えるのがベストなのでしょうか。

フジワラ

これはあらかじめ自分なりの答えを用意しておくのが正解です。私が実体験からたどり着いた回答を紹介します。

なぜ「既卒になった理由」が高確率で聞かれるのか?

まず、そもそも「なぜ既卒になった理由が頻繁に聞かれるのか?」を考え、面接官の意図を理解しましょう。

既卒で就活をしているならば「新卒の時に就活をしていたが、内定をもらえなかった」か「何らかの理由で就活をやらなかった」のどちらかの理由が考えられます。このことに面接官は不安を抱くのです。

面接官が既卒に抱いている懸念とは?

面接官は「新卒の時に就活をしていたが、内定をもらえなかった」人については、「他社に内定をもらえないということは問題がある人物なのでは?」という懸念を抱きます。

「何らかの理由で就活をやらなかった」人については「物事の優先順位をつけられない、働く意欲が低いのでは?」という懸念を抱きます。

上手に答えて懸念を払拭する

どちらの懸念も、採用にあたり非常に大きな懸念となりますから、面接官としては「なぜ既卒になったのですか?」と理由を質問して、その懸念を払拭しておきたいのですね。

この懸念を上手く払拭できなければ、既卒としての内定は遠のいてしまいます。逆に、上手く答えられれば、既卒のハンデをゼロにし、一気に内定に近づくことが可能です。

以下では、納得のいく回答をするコツを詳しくご紹介します。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

既卒になった理由が「就職活動に失敗してしまった」場合の回答法

まず、パターンとして多いのが「就職活動で内定をもらえず、既卒になった」場合でしょう。上手く答えないと、「他社で内定をもらえなかった駄目な人」というイメージを引きずって面接をすることになり、とても厳しいです。上手く切り抜けるために以下のことを意識しましょう。

言い訳は絶対にNG

「なぜ既卒になったのですか?に対して、絶対にやってはいけないNGがあります。それは「言い訳をすること」です。たとえば、「○○という業界にどうしても譲れないこだわりがあって…」とこだわりを語る方がいます。

しかし、これでは「では、なぜそのこだわりを捨ててしまったのですか?」と聞かれ、返答に窮してしまうでしょう。言い訳をすると、相手の「突っ込み」を引き出してしまい、面接がネガティブチェックモードになってしまい、上手くいかなくなります。

素直に間違いを認めること

下手に嘘をついて取り繕おうとすると、ボロが出て、突っ込まれ、面接で失敗してしまいます。

大事なのは「素直に自分の間違いを認めること」です。自分から間違いを認め「ここが至らなかったです」と言われれば、面接官もそれ以上突っ込むことはできません。また、間違いを素直に認められる人間には、人は好感を持つものです。

だから、「新卒の時は、こういう方針で就職活動をした結果、失敗した。今は反省して、〜という方針で就職活動をしている」と回答しましょう。これで反省を示しつつ、総合的には+の印象で回答を締めくくれます。

既卒になった理由を聞かれた時の回答例

上記のポイントを押さえて回答すると、以下のように「就職活動に失敗して、既卒になった理由」を上手に説明することができます。

回答例

新卒時には、コンサルティング業界だけに絞って就職活動を行っていましたが、残念ながら内定をいただくことはできず、既卒として就職活動を続けています。

自身の反省点としては、コンサルティング業界だけに絞りすぎて、視野が狭くなりすぎていたことがあると思います。

既卒になった現在は、法人営業職という職種を軸に、業界にこだわらず就職活動に取り組んでおります。コンサルタントを目指した動機は、企業の問題解決をサポートする仕事がしたいという思いでしたが、法人相手の営業職でも商材を通して、企業の課題解決を支援できると考えたからです。

このように答えれば、面接官も納得してくれるでしょう。就職活動への反省を示しつつ、今、自分がどんな方針で就職活動に取り組んでいるのかを語ってください。

既卒になった理由が「新卒の時に就職活動をしなかった」場合の回答法

海外留学やボランティア活動などで忙しく、在学中に就職活動ができずに既卒になってしまった方もいるでしょう。このパターンは、面接官に「物事の優先順位がつけられない人なのでは?」「働く意欲が低いのでは?」という懸念を持たれるリスクがあります。

上手く回答して払拭しましょう。以下のポイントを意識してください。

「優先順位を間違った」点を認める

このタイプの学生は「ただ、留学でも多くのものを学べましたし、決して無駄な時間を過ごしたとは思っていません」等と、言い訳をしてしまう可能性があります。

このように下手に言い訳をすると「既卒になると不利になると考えなかったの?考えが甘くない?」等と突っ込まれてしまいます。

攻略のポイントは、さきほどと同じく「間違いを認めること」です。自分から反省を示している人間を、それ以上突っ込める人はあまりいません。

だから、「優先順位を間違った。就職活動をしっかりやるべきだった」という反省と「今はどういう方針で就職活動をしているか」の二点を伝え、「優先順位を考えられる」「働く意欲もある」と面接官にアピールしましょう。

既卒になった理由を聞かれた時の回答例

これらのポイントを押さえると、以下のように「既卒になった理由」をしっかり説明できるようになります。

回答例

在学中は、海外でのボランティア活動に熱心に取り組みすぎていたせいで、就職活動に専念することができず、卒業をしてしまったため、現在、既卒として就職活動をしております。

海外ボランティアの活動は自分にとって意義深いものでしたが、就職活動とのバランスを考えた上で取り組む方法もあったのにも関わらず、自分のやりたいことばかりを優先してしまっていた面があると反省しております。

現在では、ボランティア活動の中で身につけた行動力を武器にできる、新規開拓の法人営業職を中心に就職活動をしております

このように反省を示しつつ、自分の現在の就職活動へのスタンスを語り、仕事への意欲を伝えましょう。

厳しい質問だからこそ、自信満々に答えよう

模擬面接を受けたウズキャリ既卒のコンサルタントに指摘されたのが、「既卒になった理由を聞かれ、就職活動に失敗した原因について話している時に、明らかに声が暗くなっている。自信がない印象を与えてしまう」ということでした。

自分のネガティブな面を聞かれると、どうしても声が暗くなってしまうものです。しかし、ここで声が暗くなってしまっては、せっかく良い回答をしても、マイナスの印象しか残りません。

だから、「既卒になった理由などのネガティブな質問だからこそ、明るい口調でハキハキと答えるようにしてください。

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

30秒で完了!マイナビジョブ20'sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒サービス「第二新卒エージェントneo」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「第二新卒エージェントneo」です。その名の通り、既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスです。就職/転職満足度No.1の実績を誇り、全てのサービスを無料で使うことができます。

私が使った第二新卒エージェントneoのおすすめポイント

  1. 担当コンサルタントが内定獲得まで完全フォロー
  2. 厳選した企業の未経験OK求人を紹介してもらえる
  3. サービスの満足度が高く過去実績も確か

過去に22,500人以上の支援実績があり、そのうち10,000人以上は職務経験無しの人達です。
未経験で活動の方法が分からないからこそ、イチから丁寧に教えてもらいたい。既卒という立場での活動だからこそ、きちんと準備して優良企業に入りたい。そんな人に向けたサービスとして、業界で確かな実績を残しています。

第二新卒エージェントneoの詳細を見てみる

既卒サービス「ウズキャリ既卒」

私も利用しましたが、特におすすめなのが「ウズキャリ既卒」です。とにかくサポートが充実しており、企業面接ごとに、1回2時間をかけ、合計20時間以上にわたって徹底的に面接対策をしてくれます。

私が使ったウズキャリ既卒のおすすめポイント

  1. ブラック企業を完全排除している(そもそもUZUZがホワイト企業大賞特別賞を受賞している)
  2. 既卒採用に積極的な企業を10社以上紹介してもらえる
  3. 一人で就職活動をするより、圧倒的に内定しやすく最短2週間で内定も可能!

離職率や残業時間が慢性的に長いなどの、厳格な基準でブラック企業を徹底排除しているため、内定者の定着率も95%と非常に高いです。

ウズキャリ既卒の詳細を見てみる

フジワラ

私が使った就職サービスの中でも、、ウズキャリ既卒のエージェントは非常に親切に面接対策をしてくれました。もちろん無料で求人紹介もしてくれるので、登録しておいて損はないと思います!

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
第二新卒エージェントneo(就職/転職満足度No.1!過去の就職成功者は15,000人以上)

就職できるまで二人三脚で、圧倒的に親身になって就職をサポートしてくれる!

imasia_14141661_S-2 2
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_9065120_S3
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_13676025_S 4
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

未経験・フリーターから有名企業の正社員になれます。徹底したカウンセリングで人気上昇中。

imasia_9065120_S5
Re就活(20代専門の転職サイト実績No.1)

Re就活は、20代専門の転職サイトで実績No.1となっており、実際に登録している人の93%以上が20代と、若手に特化しています。掲載企業の幅も広く、20代の若手が使うには便利なサイトです!