既卒もリクナビを使ってOK!既卒のためのリクナビ活用術

imasia_13203650_S

既卒になると「新卒用サイトであるリクナビを今までどおり使ってもいいのだろうか?」と不安になりますよね。確かに、リクナビ・マイナビは新卒用のサイトなので、既卒で使っても門前払いされそうな気がしてしまいますよね。

実際のところはどうなのでしょうか?既卒で就活をして内定をとった私が、既卒のためのリクナビの使い方をご紹介します。

1.既卒でもリクナビ・マイナビを使ってOK

厚生労働省の通達によって、「既卒3年間以内は新卒と同じように扱うこと」とされています。そのため、多くの企業が既卒を新卒枠で選考してくれます。

たとえば、マイナビの「既卒者の就職状況調査」によれば、2015年度では67%の企業が既卒者を受け付けています。

スクリーンショット 2015 11 17 13 08 52

このグラフかわわかるように、7割近い企業が既卒を受けてつけています。「既卒だから無理…」と諦めずに積極的にアタックしていきましょう。

「既卒可」で求人を検索してみよう

リクナビ・マイナビともに「既卒可」の条件で絞り込み検索をすることができます。一度検索してみればわかりますが、トヨタ・ソニー・いすず自動車・ホンダなどの大企業でも、既卒を受け付けています。

もちろん、これらの企業では優秀な新卒との戦いとなりますから、内定は楽ではありません。ただ、既卒なら授業に時間を割かなくても良い分、多くの企業を受けられるはず。職歴がないのに大企業の選考を受けられるのは新卒・既卒3年以内だけです。この機会を積極的に利用しましょう。

大企業も積極的に受けていこう

実は、大企業の方が既卒に寛容です。というのも、大企業は採用人数の枠が多いため、既卒も含めて幅広い人材を採用する余裕があるからです。一方で、中小企業は採用枠が少ないので、新卒で枠が埋まってしまいます。

結果「大企業の方が既卒が内定しやすい」という逆転現象が起きるのです。

大企業の方が既卒に内定を出しているという調査結果

これはHRプロという人材コンサルティング会社が行った既卒の受入状況についてのアンケート結果です。

Hr report photo 78 6 5KW15E

10001名以上の大企業では、既卒を「新卒枠で選考し内定を出した」割合が36%もあります。一方で、301名〜1000名の企業では22%、300名以下では10%です。

このように、大企業の方が既卒に内定を出している傾向が見て取れるのです。むしろ既卒だからこそ大企業に積極的にアプローチしていくべきなのですね。

既卒可になっていない企業についてはどうすればよいか?

基本的に、既卒可になっていないサイトは勝率が薄いため、時間を割くべきではありません。既卒を受けていれている企業を受けていくだけでも、かなりの数の会社にエントリーできるので、そちらを優先に受けてみましょう。

もちろん、エントリーシートを出すのが禁じられているわけではありませんから、どうしても受けたい会社がある場合は、ダメ元でエントリーシートを出しても良いと思います。

既卒で受けられる大企業については、以下の記事でまとめています。非常に多くの有名企業が既卒を受け付けているので、チェックしてみてください。

意外と多い!既卒者を採用している大手企業リスト100選

2016.02.11

2.内定率が高いリクナビダイレクトも利用しよう

既卒を受け付けているとはいっても、既卒は「就職活動に失敗した人」という色眼鏡で見らてしまうため、新卒に比べて不利です。上の調査でも、70%近い企業が既卒を受け付けていますが、内定を出した企業は全体の15%程度に過ぎません。

有名企業を受けることは大事ですが、高望みして正社員になるチャンスを逃してはいけません。確実に内定を勝ち取るには「既卒採用意欲が高い企業」の求人も受けることが大事です。

既卒の内定率が高いリクナビダイレクト(既卒版)

スクリーンショット 2016 02 08 14 30 49

だから、保険のために既卒限定のナビサイトであるリクナビダイレクトを利用しましょう。

リクナビダイレクトは既卒専門のナビサイトです。既卒採用意欲の高い企業の求人ばかりなので、利用者の内定率が非常に高い傾向があります。サイトによれば、利用者は4社受けて1社から内定が出ています。

紹介される企業は中小企業が多いですが、マザーズ上場や二部上場の企業もあります。リクナビで有名企業にチャレンジして上手くいかない時は、リクナビダイレクトを利用して、正社員の内定を勝ち取りましょう。

⇒リクナビダイレクト(既卒版)の公式サイトはこちら

3.リクナビ・リクナビダイレクトの二刀流で行こう

リクナビは求人の質が高い一方で、新卒がライバルになるため、既卒には不利になります。リクナビダイレクトは、リクナビに求人の質で劣りますが、内定のでやすさは破格です。

だから、「リクナビで気になる優良企業を受けていく」⇒8月あたりで芳しい結果が出ないなら、リクナビダイレクト中心にシフトして、確実に正社員の内定をとりにいく、という作戦が良いでしょう。

職歴関係なく大企業の選考が受けられるのは、若い今だけなので、リクナビで「高望み」をしていくべきです。

また、既卒向けの求人を探す方法は、この他にも色々あるので、チェックしておきましょう。

【保存版】意外と見つかる!既卒採用の求人を探す5つの方法

2016.02.13

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。