疑問を解決!既卒はインターンシップに参加するべきか?

imasia_13369261_S

既卒で就職活動をしていると「新卒に比べて武器がないから、インターンでもして業務経験をつもうかな」と思うことがありますよね。あるいは、「インターン経由で正社員になりたい」と考えて、既卒向けのインターンシップを探しているかもしれません。

インターンは正社員に近い業務を経験できるので、業界研究にもなりますし、自己PRの材料作りにも使えます。時間があるなら、ぜひ参加したいところ。

しかし、既卒は「空白期間=正社員として就業していない時間」が長くなるほど、就活が厳しくなる傾向があるので、決断にはどうしても慎重になりますよね。

そこで、実際に既卒で就活してみた私が、既卒はインターンに参加するべきかどうかを解説いたします。

正社員になりたい既卒は、インターンよりも就職活動を頑張るべき

imasia_14362306_S

まず「正社員を目指せるインターン」に長期参加して、正社員を目指すのは、あまり得策ではありません。

「正社員を目指せるインターン」と言えば聞こえはいいが…

なぜか?時間がかかりすぎるからです。インターンに参加しても必ず正社員になれる保証はありません。正社員になれなかった場合、インターンに参加した分だけ空白期間が長くなり、その後の選考で不利になってしまいます。

「正社員を目指せるインターン」の多くは、正社員としてのトライアルも兼ねているため、拘束時間が長い傾向にあります。拘束時間が長いインターンに参加していると、他の企業の選考に臨めなくなり、持ち玉の少ない、ハイリスクの就活をすることになってしまうのです。

より多くの企業を受けるべき

当たり前ですが、より多くの企業の選考にチャレンジした方が内定を得る確率は上がります。実際、マイナビの調査によれば、2015年度に内定をとった新卒学生は55社にエントリーをしています。一方で、内定をとれなかった学生は、24社にしかエントリーしていません。

つまり「行動量」こそが内定と無内定を分けているのです。インターンに時間を使いすぎて、受ける企業が少なくなると、それだけ内定が出にくくなってしまいます。

「正社員を目指すインターン」に参加すると、就活に避ける時間が減り、内定が出にくくなってしまいます。それでは意味がありません。インターンはあくまでサブ。就活をメインに行動しましょう。

「ネタ作り」のためには、インターンは効果的

imasia_14755246_S

ただ、「自己PRのネタづくり」にインターンに参加するのは、非常に良いアイデアです。実際の業務を経験できるインターンは、良い自己PRの素材の宝庫だからです。「担当していたサイトの売上をxx%伸ばしました」といえば、かなり魅力的な自己PRになるでしょう。

また、インターンを経験していれば、「卒業後何をしていましたか?(空白期間について教えて下さい)」などの質問にも上手く切り返せるようになります。「就活に失敗したのは仕事への意識が足りないためと感じ、肌で仕事を学ぶためインターンに参加した」と言えば、面接官も納得するでしょう。

このように、インターンだけにフルコミットせずに、週3〜4日程度参加するのなら、インターンに参加するのは良い時間の過ごし方といえるでしょう。ただし、あくまで「就活最優先」にすることを忘れずに。インターンに熱中するあまり、企業へのエントリーがおろそかになってはいけません。

すぐ使える!既卒が参加できるインターンを紹介しているサイト

imasia_12860843_S

既卒がインターンを探すなら以下のサイトが便利です。インターンシップは、リクナビやマイナビでも紹介していますが、これらの新卒向けインターンは、「会社説明・業務説明」の趣向が強く、自己PRの材料にはなりません。

自己PRの材料をつくるには、社員と同じような業務を体験できる「実践型インターン」がオススメです。以下では、オススメの実践インターンをご紹介します。

キャリアバイト

給与がもらえるインターンを中心に紹介しているサイトです。アルバイト感覚で働きながら、ベンチャー企業の新規事業立ち上げの手伝いなど、自己PRのネタに使える経験が手に入ります。

求人の掲載数も多く、希望のインターンが見つかりやすいので、非常にオススメです。

https://careerbaito.com/

JEEK

営業から技術系まで幅広いインターンを紹介しているサイト。インターン説明会やキャリアアドバイザーへの電話相談も可能なので、初めてでも安心して参加できるインターンシップです。

http://jeek.jp

アット・インターンシップ

コンサルティングのインターンや海外インターンなど、ハイレベルでやりがいのあるインターンを紹介しているサイトです。難点としては、案件数が少ないことです。希望があっても、多くの就活生が集中するため、やや参加しにくいところがあります。

https://www.at-internship.com

「既卒歓迎」のインターンシップが数多くあり、給与ももらえるキャリアバイトから優先的にインターンシップを探すと良いでしょう。

あくまで就職活動を頑張りつつ、インターンシップにもチャレンジしてみるのは、自己PRのネタ作りにも、空白期間の説明にも使える、非常に効果的な就活対策です。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。