第二新卒の転職相談なら転職エージェントがおすすめ!選び方と転職のコツ

第二新卒の転職相談なら転職エージェントがおすすめ!選び方と転職のコツ

「第二新卒として転職を成功させたい!」と思う一方で、

疑問

  • 転職の相談は誰にすれば良いのか?
  • おすすめの転職相談期間があれば教えてほしい
  • 転職エージェントとハローワークならどっちを利用すべき?

と悩んでいませんか?

私の友人も第二新卒時代はどの転職相談機関を利用すべきか悩んでいました。

ただですね。第二新卒の転職相談は転職エージェントにするのがおすすめです。また、第二新卒は転職の市場価値が高いので、転職のコツさえ掴めば優良企業への転職も夢ではありません。

そこで今回は第二新卒で優良企業への転職を成功させた友人へのインタビューを元に、第二新卒が転職相談するなら転職エージェントが最もおすすめな理由や転職エージェントとハローワークの違い、第二新卒の転職相談に向いているエージェントを紹介します。

第二新卒が転職相談するなら第二新卒特化型転職エージェントが最もおすすめ!

ここがポイント

第二新卒とは学校卒業後1〜3年で転職を志す主に25歳前後の社会人のこと。


(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

第二新卒が転職相談するなら第二新卒特化型転職エージェントが最もおすすめです。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

第二新卒特化型就職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

応募書類の添削や面接対策では毎回フィードバックがもらえます。良かった点と改善点が把握できるので、着実に内定獲得へ近づいていけるんです。

キャリアアドバイザーは企業の内部情報に詳しく、頻出質問や企業が求めている人物像について教えてくれるかもしれません。

採用担当者との密接な関係性を築いているため、推薦状により「前職をすぐに辞めているが、就労意欲は高い。要領が良い印象。」など短期離職の職歴をリカバリーしてくれるんです。

そのため、転職を成功させたいなら第二新卒特化型転職エージェントがおすすめなんです。

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

ハローワークに相談するのはダメなの?第二新卒特化型転職エージェントとの3つ違い!

求職活動と言えば『ハローワーク』というイメージがある人も少なくありません。ただですね。正直、ハローワークのサポートの質はあまり高くないため、おすすめできないですね…。

そこでここでは、ハローワークと第二新卒特化型エージェントとの違いを3つ紹介します。

ハローワークに相談するのはダメなの?第二新卒特化型転職エージェントとの3つ違い!

  • 支援内容の幅
  • 紹介される求人の質
  • ビジネスモデルの有無

支援内容の幅

転職エージェントとハローワークの1つ目の違いは、支援内容の幅です。

転職エージェントの支援内容は無料相談から面接の日程調整までと幅広いんです。加えて、マンツーマンでサポートしてもらえます。

一方、ハローワークの場合は利用者が多いので求職者一人ひとりに使える時間が限られてしまい、対応もあっさりしているかもしれません。

ハローワークの支援内容

  1. 求人紹介
  2. 求職活動の方法
  3. 雇用保険や失業保険の手続き
  4. 職業訓練
  5. 講習会
  6. 就職セミナー

また、ハローワークの場合は求職者自ら出向き、求人を探してもらう必要があります。

しかしですね。転職エージェントなら待っているだけでも新規の求人が送られてくるので、余った時間を有効活用できるんです。

紹介される求人の質

転職エージェントとハローワークの2つ目の違いは、紹介される求人の質に差があることです。

なぜなら、ハローワークは求人掲載費用がかからないため。財政基盤の整っていないブラック企業の求人が紛れ込んでいる可能性があるんです。

一方、前述した転職エージェントは広告掲載費用がかかる+掲載企業の労働環境を調査してブラック企業の求人を最初から排除している場合が多いですね。

加えて、転職エージェントでは非公開求人も多く保有しており、自分の条件に合った競争率の低い求人を紹介してくれます。

ここがポイント

非公開求人とは事業戦略上、表立って募集できないが、こっそり人員を補充したい企業がエージェントに依頼する求人。好待遇の求人の場合が多い。

ビジネスモデルの有無

転職エージェントとハローワークの3つ目の違いは、ビジネスモデルの有無です。

転職エージェントのビジネスモデルは求職者が求人企業へ転職した際に報酬が入るようになっています。自社経由の転職ではないと報酬が得られないので、仕事としてきちんとサポートを完遂してくれるんです。

一方、ハローワークなどの公的な相談施設は求人を紹介しても報酬が入ることもなく、ノルマもありません。

そのため、転職を成功させるための丁寧なサポートを行ってくれることが少ない可能性があります。

フジワラ

競争意識を持って、ビジネスとして求人紹介を行っている分、転職エージェントの方がサポートの質が高い傾向があるんです。

第二新卒の転職相談に向いているエージェント3選

転職エージェントに相談すべきことは分かったものの、どんなエージェントを選べば良いか分からない人もいるかもしれません。

総合転職エージェントでは自分の実績不足から優遇してサポートを受けられなかったり、マイナーなエージェントでは紹介される求人数が少なかったりするんです…。

そこでここでは、第二新卒の転職相談に向いているエージェントを3つ紹介します。

第二新卒の転職相談に向いているエージェント3選

  • ウズキャリ
  • ハタラクティブ
  • 第二新卒エージェントneo

ウズキャリ

ウズキャリ

特徴

  1. カウンセリングは平均20時間
  2. 入社後の定着率は96.8%
  3. キャリアアドバイザーも元第二新卒

ウズキャリは、既卒・フリーター・第二新卒専門の転職エージェントです。キャリアアドバイザーも元第二新卒なので、求職者の目線に立ったサポートが可能。

LINEで連絡が取れるので、転職の相談や書類の添削などをしてもらいやすいですね。

カウンセリングに20時間かけることで、求職者一人ひとりの個性に合わせた『オーダーメイド型』の就業サポートを実現しています。

企業の選考が入る度に企業別の面接対策を2時間程度を行ってくれるので、頻出質問や企業ウケの良い回答ができるようになります。

業界トップクラスのカウンセリング時間がミスマッチを防ぎ、入社後の定着率も96.8%を超えていますよ!

ウズキャリ既卒の評判は?実際に利用して不満点も正直にレビュー

2020.02.20

ハタラクティブ

ハタラクティブ

特徴

  1. 学歴や実績より人柄を重視した採用を行っている
  2. 内定率は80%超え
  3. 取材によりブラック企業を排除している

ハタラクティブは、フリーター・既卒・第二新卒の転職に特化したエージェントです。人柄採用・学歴不問などハタラクティブ独自の求人紹介が魅力。

未経験歓迎求人を出している企業側も「20代の若手を採用して育成したい」と考えており、第二新卒におすすめですね。それが内定率80%超えにつながっています!

情報の質が高く、実際に取材した企業のみを掲載しています。社内の雰囲気や仕事内容を把握した上で求人を紹介してくれるので、求人を吟味しやすいんです。

「長時間残業が常態化している」「求人票と実際の待遇が異なる」などのブラック企業は掲載前に排除しているので、安心して応募できます。

ハタラクティブの気になる評判は本当?実際に利用して不満点も本音でレビュー

2020.03.11

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

特徴

  1. 「就職転職相談しやすさ」「面接対策満足度」「就職転職満足度」の3部門で1位
  2. 入社後のサポートも充実
  3. 一人当たり平均8時間のマンツーマンサポート
第二新卒エージェントneoは第二新卒向けのサポートに特化したエージェントです。一人当たり平均8時間のサポートにより、就職成功者は22,500人を超えています。

日本マーケティング機構が実施するイメージ調査の「就職転職相談しやすさ」「面接対策満足度」「就職転職満足度」の3部門で1位を獲得しています。

面接対策や書類添削など内定獲得までのサポートだけではなく、ビジネスマナー研修やキャリアアドバイザーとの面談など入社後のサポートも充実しているのが特徴ですね。

第二新卒エージェントneoは使いやすい?評判や特徴など総まとめ!

2020.10.27

第二新卒が転職を成功させるための4つのポイント

第二新卒は企業からのニーズが高く、転職では引く手数多の存在なんです。

第二新卒が企業から求められている理由

  1. ビジネスマナーなど社会人としての基礎スキルが身についている
  2. 前職の職歴が短く転職先に馴染みやすい
  3. 新卒同様の若さがある

以上の理由から転職先に困ることはあまりありません。ただですね。自分が理想とする条件の企業へ転職するには工夫が必要になります。

そこでここでは、第二新卒が転職を成功させるためのポイントを4つ紹介します。

第二新卒が転職を成功させるための4つのポイント

  • 複数の転職エージェントへ登録する
  • 在職中に転職活動を行う
  • 自己分析で自分の適性のある職種を知っておく
  • 求人へ応募する前に企業口コミサイトを利用する

複数の転職エージェントへ登録する

第二新卒が転職を成功させるための1つ目のポイントは、複数の転職エージェントへ登録することです。

転職エージェントを複数社登録すべき理由

  1. エージェントごとに得意な業界や職種が異なり、保有している求人が異なるため。
  2. アドバイザーによってサービスの質に大きな差があるため。
  3. 複数社登録していることを伝えると自社経由で転職してもらいたいので、優先的にサポートを受けられるため。

以上のことから複数の転職エージェントへ登録することを検討してみてくださいね。

在職中に転職活動を行う

第二新卒が転職を成功させるための2つ目のポイントは、在職中に転職活動を行うことです。なぜなら、一旦退職してしまうと、収入が完全に途絶えてしまうため。

なかなか転職先が決まらないと、焦りから冷静な判断が付かなくなり、「自分の条件に合った企業へ転職したい」という目的が「早く転職先を見つけること」へ変化してしまいかねません。

キヨちゃん

また、仕事をしていない期間が伸びてしまうと、就労意欲がないと判断されやすく、転職活動で不利になってしまいます…。

そのため、在職中に転職活動を行いましょう。

自己分析で自分の適性のある職種を知っておく

第二新卒が転職を成功させるための3つ目のポイントは、自己分析で自分の適性のある職種を知っておくことです。

なぜなら、適性のある職種の方が実績が伴いやすいため。

例えば、家電好きのAくんは家電量販店で販売スタッフとして就職しました。しかしですね。なかなかノルマを達成できず、仕事に行くのが苦になってしまったんです。

実はAくんは話すことより裏方で作業をこなす方が得意なタイプでした。そこでAくんが最初から自分の適性に気づき、経理職やエンジニアなどに転職していたらどうでしょうか。

最初は好きではない仕事でも結果が出せるようになっていくと周りから頼られることが増え、自己肯定感が上がっていきます。結果的にやりがいを見出せるようになるかもしれません。

そこで自己分析ツールや書籍を利用して、適性のある職種を見つけるのをおすすめします。

おすすめの自己分析ツール・書籍

  1. グッドポイント診断
  2. ストレングス・ファインダー

求人へ応募する前に企業口コミサイトを利用する

第二新卒が転職を成功させるための4つ目のポイントは、求人へ応募する前に企業口コミサイトを利用することです。

なぜなら、面接官への質問や企業のHPの情報では企業の実態がつかめないため。

そこで企業口コミサイトを利用しましょう。企業口コミサイトでは現職の社員や退職した社員が本音で書き込んでおり、企業の実態が分かるんです。

複数の企業口コミサイトで重複しているコメントは信憑性が高いので、以下のサイトに2つ以上登録してみるのをおすすめします。

代表的な企業口コミサイト

  1. en Lighthouse
  2. 転職会議
  3. OpenWork

第二新卒の転職相談に関するQ&A

ここでは第二新卒の転職相談に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

入社1年未満での退職は不利になる?

入社1年未満での退職は不利になるかもしれません…。なぜなら、無責任な印象がついてしまい、敬遠される可能性があるため。

また、第二新卒はビジネスマナーなど社会人の基礎スキルが身についており、教育のコストが省けることが採用のメリットになります。

しかしですね。企業によっては入社1年未満では基礎スキルが身についていないと判断する企業もあるんです…。

ユウキ君

1年以上は可能な限り仕事を続けることをおすすめします。

印象が悪化しないする退職理由とは?

ネガティブな退職理由の場合は他責にしないようにしましょう。

なぜなら、不平不満を伝えてしまうと、採用担当者から「自社もすぐに辞めそうだな」と懸念されてしまうため。

ネガティブな退職理由の例

  1. 長時間労働が常態化していた
  2. 人間関係が悪かった
  3. 入社前に言われていた部署に配属されなかった

厳しいですが、どんなにひどい会社だったとしても選んだのは自分です…。

説明の流れとしては反省→同じことを繰り返されないように改善点を明確にして、行動していることを伝えましょう。

転職活動はどのくらいの時間がかかる?

基本的に転職活動は3〜6ヶ月程度かかると言われています。

(参照:リクナビNEXT 転職活動にはどのくらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール

あくまで目安なので、1ヶ月で転職が決まる人もいたり、それ以上の期間がかかる人もいたりします。

前述した通り、在職中に転職活動を行えば、長引いても問題ありませんよ。

まとめ:第二新卒が転職相談するなら転職エージェントがおすすめ!

今回は第二新卒が転職相談するなら転職エージェントが最もおすすめな理由や転職エージェントとハローワークの違い、第二新卒の転職相談に向いているエージェントを紹介しました。


では、記事の内容をまとめます。

title

  • 第二新卒特化型転職エージェントへ転職相談をする
  • ハローワークの利用はおすすめできない
  • 複数の転職エージェントへ登録する

第二新卒が転職相談をするなら転職エージェントの利用がおすすめです。転職のプロが無料相談から内定までマンツーマンで対応してくれるので、効率的な転職活動が可能になります。

ただですね。相談に困ってもハローワークの利用はおすすめできません。忙しいので転職相談しにくかったり、求人を紹介してもらってもブラック企業が紛れ込んでいたりする可能性があるんです。

また、転職エージェントを利用するならキャリアアドバイザーへ複数社に登録していることを伝えてみましょう。自社経由で転職してもらいたいので、優先的にサポートを受けられるかもしれませんよ!

第二新卒は新卒1〜3年目までと非常に短い期間です。

第二新卒で転職するかどうか迷っている方は、今回紹介した第二新卒特化型転職エージェントへ無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

早期退職しても今より満足できる企業に転職できる!

「ウズキャリ既卒」の詳細を見てみる

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

1
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

imasia_9065120_S3
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数

imasia_9065120_S4
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!

5
ベンチャーセールス(採用決定率95%!他の求人サイトにはない優良求人が400社以上も)

顧客満足度97%!専門アドバイザーによる丁寧なサポートが魅力!