女性の正社員への転職を成功させる方法まとめ!年齢別の転職市場価値とは

この記事はこんな人におすすめ

  • 正社員への転職を成功させるコツを知りたい
  • 未経験でも転職しやすい職種を知りたい
  • 独身or既婚で転職の難易度は異なる?

女性が正社員として働きやすい会社へ転職するには、若さが非常に重要になってきます。とはいえ、30代以上で転職を検討している場合もありますよね。

実際、私の知人女性もライフイベントなど懸念点により、正社員への転職が難航していました。

でも、心配ありません。年齢関係なしに女性の転職活動を有利に進める方法はあり、子育てや家事と仕事の両立も十分に可能な企業へ入社できます。

そこでここでは、ワークライフバランスの整った会社へ転職した知人へのインタビューをもとに、女性の正社員の転職市場価値は年齢によって異なる理由や転職を考える原因と転職先選びを失敗しないための対処法、正社員の転職活動を成功させるための方法を紹介します。

女性の正社員の転職市場価値は年齢によって異なる!

正社員の転職活動では年齢によって求められるポイントが異なります。20代はポテンシャル、30代以上は実績やスキルが求められます。

採用後に働ける年数を考えると、20代は育成して会社の戦力になれば良いという考えの企業が少なくありません。30代で転職を考えている人は20代のうちから専門性のあるスキルを磨いておくことをおすすめします。

ここでは、年齢別の転職の難易度について詳しく紹介します。

年齢別の転職の難易度

  • 25歳:第二新卒の需要が高く、転職しやすい
  • 20代後半:異業種へ転職のラストチャンス
  • 30代前半〜40代:即戦力として採用ばかりで転職は厳しい

25歳:第二新卒の需要が高く転職しやすい

25歳は第二新卒として転職の市場価値が高く、転職しやすいんです。

ここがポイント

第二新卒とは、学校を卒業後1〜3年で転職活動を行う25歳前後の若者のこと。

(参照:マイナビジョブ20’s 第二新卒とは?

第二新卒は実績よりもポテンシャルが重視されやすく、同業他社でも異業種からでも重宝されます。

企業側が第二新卒を求める理由は以下の通りです。

企業側が第二新卒を求める理由

  1. 社会人経験がある:ビジネスマナーを習得しているので、研修の手間が省けるため。
  2. 転職先に馴染みやすい:前職の社歴が短いので、転職先の風土にも柔軟に対応できるため。
  3. 新卒と歳が近い:入社3年以内に辞める新卒社員が多く、若手社員を補充したいため。

そのため、転職を検討しているなら積極的に行動すべき年齢ですね。

20代後半:異業種へ転職のラストチャンス

20代後半は異業種へ転職するならラストチャンスですね。なぜなら、中途採用として活躍できる社員を求めているため。人材を教育して、戦力にできるギリギリのラインでもあります。

中途採用の目的

  1. 新規プロジェクトの際の人材補充
  2. 退職した社員のポジションの穴埋め

20代はポテンシャルでの採用もされる可能性もあり、転職は不可能ではありません。ただですね。30代になると、経験やスキルが重要視される傾向が強くなります…。

そのため、異業種へ転職するなら20代がラストチャンスだと考えていた方が良いかもしれません。

30代前半〜40代:即戦力として採用ばかりで転職は厳しい

30代前半〜40代は即戦力として採用ばかりで転職は厳しいかもしれません。

ただですね。マネジメント業務経験や専門性の高いスキルがあれば、転職先は引く手数多ですね。そのため、20代のうちからスキルを身に付けたり、実績を積み重ねておいたりすることが大切です。

フジワラ

スキルがなくても転職先を選り好みしなければ、正社員として採用される可能性は十分にありますよ…!

既卒/フリーターの就活に強い!無料登録しておくべき神サイト

既卒で就職活動を頑張りたいけれど、「どんな就職サイト/サービスを使って就活すればいいの…?」と、悩んでいませんか?

そこで、私が既卒として就活した時に利用した、「既卒歓迎」のホワイト企業の求人を紹介してくれる就職サイトをご紹介します。無料なので登録しておいて損はないと思います!

女性が転職を考える原因と転職先選びを失敗しないための対処法3選

女性は将来的に起こるライフイベントのことを考えて、転職を検討する場合が多いですね。ライフイベント後の仕事のスタイルは現在と大きく異なるため、転職先の選び方にも注意が必要です。

そこでここでは、女性が転職を考える原因と転職先選びを失敗しないための対処法を3つ紹介します。

女性が転職を考える原因と転職先選びを失敗しないための対処法3選

  • ワークライフバランスを保って働きたいため
  • 子育てと仕事を両立しやすい環境が整っていないため
  • 夫の転勤で転職が必要になったため

ワークライフバランスを保って働きたいため

女性が転職を考える原因の1つ目は、ワークライフバランスを保って働きたいため。

激務な仕事をしていると、いつまで続けられるか不安になるタイミングはあります。女性の場合は結婚や子供が生まれてから働ける職場かどうかで客観視した際に、転職を検討する人もいるかもしれません。

キヨちゃん

そこでワークライフバランスを重視するなら、事務職がおすすめです。

事務職がおすすめな理由

  1. 1日の業務量が決まっている:残業が少なく、デスクワークなので体力が必要ない。
  2. 子育てと両立がしやすい:緊急で呼び出されることもなく、決まった時間に働ける。
  3. ライフイベント後も復帰しやすい:産休や育休が取りやすい+専門的なスキルが求められるので長期的に活躍できる。

以上のメリットからワークライフバランスを保って働きやすいのは事務職ですね。

子育てと仕事を両立しやすい環境が整っていないため

女性が転職を考える原因の2つ目は、子育てと仕事を両立しやすい環境が整っていないため。

子育てと仕事が両立に向いていない環境

  1. 育児休暇の前例がない
  2. 時短勤務の制度がない

以上のような子育てと両立しにくい前時代的な会社は今でも存在します。そんな理由から転職を検討する女性は多いですね。

ただですね。転職する前に上司へ相談してみましょう。理解のある会社なら育児休暇を取得できたり、時短勤務に変更できたりするかもしれません。

転職をする場合は口コミサイトを利用して、子育てと仕事を両立しやすい環境が整っているかを確認してから応募することをおすすめします。

口コミサイトは現職の社員や退職した社員が本音を書き込んでいます。福利厚生についてより詳しい記載や育休復帰後の会社の雰囲気など入社してみないと分からない情報を知れるんです。

女性が働きやすい会社の福利厚生の例

  1. 女性社員の比率が高め
  2. 時短勤務制度・フレックスタイム制度を導入している
  3. 産休・育休取得率が高め

そのため、企業とのミスマッチを起こしたくない人は以下の口コミサイトに登録しておくことをおすすめします。

代表的な口コミサイト

  1. 転職会議
  2. en Lighthouse
  3. OpenWork

夫の転勤で転職が必要になったため

女性が転職を考える原因の3つ目は、夫の転勤で転職が必要になったため。やむを得ないですが、積み重ねたキャリアが無駄になってしまう可能性もあります。

そこで、退職する前に以下の内容を夫婦で話し合ったみてください。

退職する前に話し合うべき内容

  1. 転勤の長さはどれくらいか?
  2. 単身赴任は可能か?

夫についていくことが決まっている場合は、前職の経験が活かせる職種or転職しやすい職種に絞って応募しましょう。

転職しやすい職種の例

  1. 販売職:特定のスキルや知識なしに活躍できるので、未経験者での採用してくれる。業務の流れが決まっており、商品知識は入社後に身に付く。
  2. 介護職:人材不足の業界なので資格なしでも就職しやすい。転職後に資格取得でき、今後のキャリアアップにも期待できる。今後福祉業界は国が力を入れていく分野なので、待遇の改善されていく可能性が高い。

女性が正社員の転職活動を成功させるための6つの方法

男女問わず、基本的に中途採用枠は即戦力が求められています。ただですね。女性の場合は即戦力でも育休や産休に入る可能性があり、転職活動では懸念点になる場合があります。

そのため、転職活動では求人選びの視野を広く持ち、前職の同じ業界・職種以外の職種への転職も検討する必要があります。

そこで、ここでは女性が正社員の転職活動を成功させるための方法を6つ紹介します。

女性が正社員の転職活動を成功させるための6つの方法

  • 転職エージェントを利用する
  • 在職中に転職活動を行う
  • 前職の不満を明確化+深堀しておく
  • キャリアプランを明確化する
  • 女性を採用する際の懸念点を払拭する
  • 成長企業または市場規模が拡大している業界を狙う

転職エージェントを利用する

女性が正社員の転職活動を成功させるためには、転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるため。

時短勤務や育休・産休など福利厚生がしっかりしている企業の求人も豊富に掲載しています。条件を伝えれば、受動的に求人を紹介してくれるので、忙しい在職中でも転職活動を両立可能です。

転職エージェントのサポート一覧

  1. 無料カウンセリング
  2. 求人紹介
  3. 面接対策
  4. 応募書類の添削
  5. 内定後の収入交渉
  6. 面接日の日程調整
  7. 推薦状の記入

アドバイザーは掲載企業とのつながりがあり、推薦状で転職者を企業へプッシュしてくれるんです。 そのため、「〇〇さんの紹介なら選考してみるか」となりやすく、選考に有利になります。

既卒サービス「マイナビジョブ20’sアドバンス」

マイナビジョブ20’sアドバンスは、大学・大学院を卒業した人で、未就業の方向けの就職支援サービスです。利用者の対象を絞っているため、普通の就活サイトよりもライバルが少ないのも特徴です。

マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴

  1. 既卒を積極的に採用している企業に多数出会える「特別選考会」へ案内してくれる
  2. 仕事擬似体験型研修があるから、就職後のミスマッチが少ない
  3. 最短2週間で内定をもらうことが可能

本来持っている、一人ひとりのパーソナリティを評価する選考会になるから、既卒で未就業という経歴がハンデになることもありません。

登録すると、個人の適性・志向性に合わせた職種別研修を行い、その中で仕事を疑似体験できるため、就職後とのイメージのギャップをおさえることができます。「せっかく就職したのに、嫌な仕事内容だった」なんてこともないでしょう。

実績として、最短2週間で内定を獲得できるため、スピーディーに就職したい人におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンスの無料登録はこちら

※新宿・大阪オフィスに来社できる方のみを対象としたサービスになりますので、来社が難しい方はサポート対象外になります

既卒サービス「えーかおキャリア」

おすすめなのが「えーかおキャリア」の転職エージェントです。とにかくサポートが充実しており、求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートしてくれます。

私が使ったえーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 入社後の定着率97%(入社後のミスマッチをなくすため、休日・残業といった聞きづらい部分もすべて伝えてくれます)
  2. 1対1のサポート体制
  3. 内定率が他の転職エージェントの4倍!

事務職・広報・営業など、自分の希望を叶える仕事・職種を紹介してくれるため定着率は97%を誇ります!事務職で働きたい方や1日で内定の実績もあり、早く内定がほしい方にもおすすめです

えーかおキャリアの詳細を見てみる

既卒サービス「就職カレッジ」

特におすすめなのが「就職カレッジ」です。とにかく定着率が91%と高く、「外食」「アミューズメント」「投資用不動産」などの離職率が高い業界は紹介しない徹底ぶりです。

私が使った就職カレッジのおすすめポイント

  1. 正社員の求人のみ紹介(派遣・契約社員・バイトの求人は紹介しない)
  2. 就職成功率81%!業界トップクラス
  3. 面接対策や履歴書の書き方まで、フリーター・未経験・既卒専門の無料就活講座で丁寧にレクチャー!

離職率が低い、残業時間が少ない、福利厚生が充実しているなど、厳しい審査基準をクリアした優良・ホワイト企業のみを厳選して紹介してくれるので安心です!

就職カレッジの詳細を見てみる

在職中に転職活動を行う

女性が正社員の転職活動を成功させるためには、在職中に転職活動を行ってみてください。なぜなら、退職後の転職活動は精神的にも金銭的にもキツくなりやすいため。

例えば、離職期間が伸びてしまうと、企業から「就業意欲が低い」と判断される可能性が高く、書類選考突破率が下がってしまうんです。その期間は収入0円の状態なので金銭的にも厳しくなります。

特に30代は20代のようにポテンシャル採用をされなくなってしまうため、内定獲得まで時間がかかるかもしれません。そこで同じ業界でも下請け企業など本来目指していた企業よりランクを落とす必要も出てきます。

そのため、在職中に転職活動をしておくことをおすすめします。

前職の不満を明確化+深堀しておく

女性が正社員の転職活動を成功させるためには、前職の不満を明確化+深堀しておきましょう。なぜなら、前職の不満は転職先に求める条件と近いので、明確化しないと転職後にミスマッチを起こしやすいため。

例えば、営業職から工場のライン作業へ転職した場合、人と話す機会が減ったことで「交渉や人と話すことが好きがったこと」に気づく場合があるんです。

ユウキ君

そこで上記のようなミスマッチを起こさないためにも、前職の不満を明確化+深堀りしましょう。

深堀すると、営業職が嫌いなのではなく、「ノルマが厳しい」「ギスギスした職場が嫌だった」など本当の理由に気づけるんです。実際、営業職にも数字的なノルマが緩い企業やルート営業など様々な働き方が存在します。

そのため、仕事のやりがいを失わないようにきちんと前職の不満と向き合ってみてくださいね。

キャリアプランを明確化する

女性が正社員の転職活動を成功させるためには、キャリアプランを明確化しておきましょう。なぜなら、理想のキャリアを考えておけば、今の自分が何をすべきかが逆算で分かるため。

例えば、「30歳で今の彼氏と結婚→32歳で出産→34歳復職」など自分なりにキャリアプランをざっくりでも立ててみましょう。

34歳で復職する際にはワークライフバランスを重視した職場で働いているor出世を目指して現職を続けていくのでは、今起こすべき行動は大きく異なります。

そのため、自分だけではなく家族とも相談してキャリアプランを明確化しておきましょう。

女性を採用する際の懸念点を払拭する

女性が正社員の転職活動を成功させるためには、女性を採用する際の懸念点を払拭することです。なぜなら、女性はライフイベントの影響を受けやすいため。

採用後に結婚や出産などですぐに辞めてしまう可能性も0ではありません。企業側としては採用コストが無駄になってしまうので、女性の採用を見送る場合もあるんです…。

企業側が女性を採用する際の懸念点は以下の通りです。

企業側が女性を採用する際の懸念点

  1. 結婚によって転勤ができないかもしれない
  2. 育休・産休など入社後にすぐ取得してしまう可能性がある
  3. 育児で時短勤務を利用するしかなくなる可能性がある

選考でライフイベントについて質問される場面は多めです。

そのため、休職や退職の心配がない場合は長期的に定着できることをしっかり伝えましょう。そうすれば、企業の懸念点を解消できるかもしれません。

成長企業または市場規模が拡大している業界を狙う

女性が正社員の転職活動を成功させるためには、成長企業または市場規模が拡大している業界を狙うことも視野に入れましょう。なぜなら、企業規模や市場規模の拡大に伴い、人材不足に陥りがちなため。

人材不足の業界や企業は中途採用でも未経験者を採用しています。「未経験者歓迎している企業なんてブラック企業なのでは…?」と思う人もいるかもしれません。

ただですね。人手不足の企業は人材に長期的に定着してもらわないと困るため、教育体制が整っている場合が多いんです。そこで以下の未経験者を歓迎している職種や企業を応募してみることをおすすめします。

未経験者を歓迎している職種や企業

  1. IT企業
  2. ベンチャー企業
  3. 営業アシスタント・営業サポート
  4. 事務職
  5. 販売員
  6. 介護職

女性の正社員への転職に関するQ&A

ここでは、女性の正社員への転職に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

独身or既婚で転職の難易度は異なる?

独身or既婚かどうかで転職の難易度は変わることはありません。なぜなら、企業は「労働時間をどれだけ確保できるか」を気にしているため。

例えば、子供を保育園に迎えにいくために必ず17時に退社するが必要がある場合は働ける職場は限られてしまうかもしれません。ただですね。同居している親が子供の面倒をみてくれる家庭もあります。

また、以下のような業種はシフト制の勤務体系の場合が多いので、融通が利く働き方が可能ですね。

シフト制の勤務体系の業種

  1. 小売業
  2. 流通業
  3. サービス業

そのため、子持ちの既婚者というだけで企業が採用を避けることはほとんどありません。

女性の転職で有利になる資格はある?

女性の転職で有利になる資格はもちろんあります。資格は業務に対する知識やスキルがあるのかを証明できるので、持っていて損はありません。

選考を有利に進めるためには、目指す職種の業務内容と関連する資格であることが重要です。自分がやりたい仕事が明確になる場合は関連する資格を取得することをおすすめします。

転職が有利になりやすい資格

  1. 経理職:日商簿記1・2級
  2. 事務職:MOS(word・Excel・PowerPointなどoffice系ソフトのスキルを証明する資格)
  3. 不動産業・建築業・金融業:宅地建物取引士
  4. コンサル業:社会保険労務士
  5. 業界問わず役立つ:秘書技能検定

まとめ:女性が正社員への転職するなら早めに行動すべき!

今回は、女性の正社員の転職市場価値は年齢によって異なる理由や転職を考える原因と転職先選びを失敗しないための対処法、正社員の転職活動を成功させるための方法を紹介しました。

では、記事の内容をまとめます。

記事の内容まとめ

  • ワークライフバランスが整っている企業を探すなら口コミサイトを利用すべき
  • 成長企業または市場規模が拡大している業界を狙う
  • 転職エージェントを利用する

将来的に子育てをしながら仕事を続けていきたい場合は、ワークライフバランスが整っている+育休・産休や時短勤務など福利厚生が手厚い企業へ転職することが必要不可欠です。

そこで職場選びを失敗しないように、口コミサイトで真実に近い労働環境を知っておきましょう。

また、前職と同じ業界・職種では労働時間や環境に大差がない場合もあります。その際は成長企業または市場規模が拡大している業界を狙い、自分が働きやすい企業を探してみてくださいね。

年齢が上がるほど企業は即戦力を求める傾向があるので、早めに行動を起こすのをおすすめします。そのため、転職を検討している場合は、今回紹介した転職エージェントへ無料相談してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

  1.      「就職カレッジ」:「外食」「アミューズメント」「投資用不動産」などの離職率が高い業界は紹介しない!ホワイト企業の特別ルートへご案内!    
  2.      「えーかおキャリア」:定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!    
  3.      「マイナビジョブ20’sアドバンス」:最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録すべき    

早期退職しても今より満足できる企業に転職できる!

「ウズキャリ既卒」の詳細を見てみる

監修者プロフィール

フジワラ
運営者:フジワラ
27歳の元既卒生。 大学在学中から続けていた塾講師のアルバイト経験のみだったが、一念発起して就職活動に取り組み、既卒の立場で2社から内定を獲得。実体験を元にした確かな情報提供を心がけていきます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_14141661_S-2 1
マイナビジョブ20’sアドバンス(最短約2週間で内定獲得!既卒で就活するなら登録必須!)

マイナビが既卒の採用意欲が高い企業を厳選して紹介してくれる!

imasia_14141661_S-2 2
えーかおキャリア(定着率97%!事務職、広報、営業など、あなたの希望を叶える仕事をご紹介!)

内定率は転職エージェントの4倍を誇る充実のサポート!求人紹介、面接対策や内定後のキャリアプランを含めて、2人3脚であなたの就職・転職を徹底サポートします。

3
ウズキャリ既卒(既卒の内定実績86%!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポート!離職率の高いブラック企業は紹介しないポリシーを貫いています。

imasia_9065120_S4
就職カレッジ(最短2週間で内定!内定率80%以上)

外食・投資用不動産・アミューズメントなど、離職率の高い業界は紹介しません!また、正社員の求人以外は紹介しない優良エージェントサービス!

imasia_9065120_S5
ハタラクティブ(未経験・フリーターから有名企業の正社員へ)

既卒フリーターの内定実績No1!他社の3倍時間をかける、圧倒的に親身な就活サポートや、既卒から上場企業の正社員になれる求人多数