既卒向けの合同説明会はどこで探せばいいの?すぐ使える3つの探し方

imasia_2207122_S

新卒と違い、既卒向けの就職説明会の情報はあまりよく知られていません。だから、どこで、どうやって探せばいいのかわからず、戸惑ってしまいますよね。

そこで、既卒として就職活動をして内定をとった私が、既卒の方が参加できる合同説明会を探す方法を解説いたします!

この記事を読めば、どんなタイプの合同説明会があるか?どうすれば参加できるかなど、大事なポイントが全てわかります。

既卒向けの就職説明会を探す方法

imasia_10949212_S

「既卒者向け」の合同説明会の情報を探すのは、少し面倒です。というのも、各自治体・ハローワーク民間企業が様々な「若手、未経験者向け」の説明会を開催しているのですが、情報がまとめられていないからです。

ですが、合説ドットコムなら、各自治体の説明会情報がまとめて掲載してあるので、これを見れば、既卒向けの説明会を一度で把握可能です。

オススメは「メーカー・ものづくり系企業」のイベントです。不動産・ネット系の会社よりも、職場環境が良く、業績が安定している企業が多いからです。

既卒向けの説明会に参加している企業は、採用意欲が高い

既卒向けの合同説明会に参加している企業は、既卒の採用意欲が高いです。「新卒にはこだわらない。若手でポテンシャルのある人材なら採用したい」と考えています。だから、選考を受けた場合、他で探すよりも、内定する可能性が高いです。積極的に活用してみましょう。

参加している企業は、玉石混交ですが、中には良い企業もあります。必ず事前に参加企業をリサーチしておき、アプローチする企業の目星をつけておきましょう。効率よく企業を回れます。

既卒向けの就職説明会のデメリットとは?

ただ、「既卒・フリーター向け」の合同説明会には「参加企業に有名な企業はあまりない」「中小企業が中心」というデメリットもあります。

参加企業一覧の業種を見て、あまり興味がわかないようであれば、参加しない手もあります。私も既卒向けの就職説明会に参加したことがあるのですが、興味のない不動産営業の会社が多く、時間をムダにしてしまいました。

業種や職種構成を見て、あまりに興味がわかないようでしたら、無理に参加する必要はありません。

既卒でも参加OK!新卒の説明会にも行ってみよう

imasia_11404141_S

既卒3年以内(大学卒業後3年以内)なら、新卒の合同説明会に参加してみましょう。リクナビやマイナビは様々な合説イベントを開催しています。

新卒じゃないのに、リクナビ・マイナビを使ってもいいの?と思うかもしれません。厚生労働省の通達で「既卒3年以内は新卒枠で扱うように」と要請が出されているため、多くの企業が既卒3年以内の方は「新卒枠」で扱ってくれます。(HRの調査によれば、7割ほどの企業が既卒を新卒枠で扱っています)

だから、既卒でも新卒向けの説明会に参加してOKなのです。

既卒が新卒向け合同説明会に参加するメリット

新卒向けの合同説明会は、参加する企業のレベルが既卒向けの説明会よりも高いです。理由は簡単で、リクナビ・マイナビの新卒イベントは参加費が非常に高いので、ある程度の規模がない会社は参加できないからです。

誰でも名前を知っているような大企業から、成長中のベンチャー企業など、様々な会社と出会えます。これは既卒向けの説明会では得られないメリットです。

デメリットは?

一方で、デメリットは「メインターゲットは新卒」という点です。既卒3年以内なら新卒枠で選考してもらえますが、どうしても新卒の学生と比べれば不利になってしまいます。既卒者対象に求人を出している企業に比べれば、既卒者の採用意欲が低いからです。

とはいえ、実務経験がなくても、有名企業の選考を受けられるのは既卒3年以内だけです。このチャンスを活かさない手はありません。

「不利?知らねぇよ、とにかく行動だ!」と、行きたい企業にはどんどんチャレンジして下さい。

合同説明会に参加していない企業の説明会に行くには?

imasia_11421623_S

では、合同説明会に参加していない企業の説明会に参加するにはどうすれば良いのでしょうか?合同説明会に参加していない企業の説明会に参加する方法を解説します。

新卒向けの個別説明会に参加するには?

志望度の高い企業があれば個別説明会にも参加してみましょう。個別説明会に参加する方法は簡単です。企業の採用情報ページから、エントリーをすれば、説明会の参加フォームにアクセスできるようになるので、そこから説明会を予約すればいいのです。

要するに、新卒の時と同じですね。

既卒向けの個別説明会に参加するには?

既卒向けの個別説明会は、新卒とは少し勝手が違います。というのも、既卒者は人数が少ないので、既卒者のために「説明会」を開催するのは難しいからです。単純に十分な人数が集まりません。

そのため、多くの企業では「個別面談会」という形で少人数制の説明会を開催しています。1〜3人の既卒生と人事で行う面談会で、会社のことがじっくり聞けます。

ただ、残念ながら、これらのイベントの情報はネットで非公開になっている場合が多いです。ウェブで検索するだけでは見つかりません。

これらの非公開説明会に参加するには、ハタラクティブやUZUZ等の既卒向けの就職サイトに登録することです。既卒向けの就職サイトに登録すれば、ネットでは非公開の個別面談会の情報を教えてもらえます。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。