ジョブカフェの評判は?実際に利用して不満点も本音でレビュー

スクリーンショット 2016-08-03 13.28.43

ジョブカフェは、若年無職者やフリーターの就業安定のために設立された施設です。利用者には、求人紹介をはじめ、履歴書添削・模擬面接などの就活サポートを提供しています。

既卒(大学を卒業したが就業経験がない人)・若者向けの求人を多数紹介している施設なので、利用を検討している方も多いのではないでしょうか?しかし、ネットを調べると「アドバイスが適当で使えない」「求人の質が悪い」など、悪い評判も多数見つかります。

では、実際にどうなのでしょうか?既卒としてジョブカフェを利用した経験のある私が、本音でレビューいたします。

悪い評判は本当?私がジョブカフェを使って不満だった3つのこと

imasia_14568105_S-2

求人の質が玉石混交。契約社員や派遣社員の仕事も紹介される

まず、不満点から。最大の不満点は「求人の質が悪い」ことです。ジョブカフェはハローワークの求人データベースを利用しているので、紹介される求人の多くはハローワークの求人とほぼ一緒です。

ジョブカフェ(ハローワーク)には、良い求人もありますが、ひどい求人もあります。私が面接を受けにいった企業では、「求人票に掲載されている月収と5万円以上も実際の月収が違った」というひどいところがありました。

また、求人の中には非正規の求人も少なくありません。実際、ジョブカフェの相談員から「職歴もないので、まず契約・派遣からはじめてはいかがですか?」と正社員以外の仕事も薦められました。

民間の就職支援会社は、既卒の私にも上場企業の求人をいくつも紹介してくれたりしたのですが、ハローワークで紹介されるのは零細企業の求人ばかりでした。フェアにいっても、求人の質は悪いと思います。

ただ、中には、地元の老舗優良メーカーの求人もあったりするので、取捨選択して上手く使わなければなりません。

アドバイザーの質が悪い

また、相談員(キャリアアドバイザー)の質も、正直いって低いと思いました。履歴書を見たアドバイスが「誤字脱字には気をつけて。字を綺麗に書いて」など、その辺のおばちゃんでも言えそうなことばかりで、役に立ちませんでした。

アドバイザーの質が悪い一因は、ジョブカフェ自体が雇用をつくるために、就職が決まらない人を「キャリアアドバイザー」として採用しているからです。アドバイザーの多くは、正社員ではなく、一年程度の契約の非正規社員です。

非正規が悪いというわけではありませんが、民間で就業支援を仕事にしているプロのアドバイザーに比べると、アドバイスの質は低かったという印象です。

ジョブカフェは各地方自治体が運営しているので、自治体から出向している公務員もキャリアアドバイザーをやっています。彼らは、民間の就職をしたことがない人達なので、アドバイザとしては頼りにならないです。

有用なサービスは予約が必要で、なかなか受けられない

アドバイザーの質が良くないとしても、模擬面接などのサービスは受けておく価値があります。人の視点から自分の面接を見直せるからです。やる価値はあるでしょう。

しかし、都心部では、これらの就活トレーニングの希望者が多いため、事前予約が必要です。私の場合、模擬面接を受けるまでに2週間もかかってしまいました。

民間の場合、アドバイザーに模擬面接の申し込みをすると、すぐにスケジュール調整をしてくれるところが多かったので、模擬面接まで時間がかかるのはストレスでした。

ジョブカフェの良い点とは?

imasia_12416915_S

ここまで手厳しくレビューしてきましたが、「では利用する価値がゼロか」というと、そうでもありません。

というのも、「中には良い求人がある」からです。

ジョブカフェは、ハローワークと違い、各地方自治体が運営しているので、ハローワークにはない「地元密着型の求人」が一部あります。

地元密着型のメーカー求人を探すには使える

地元密着型の求人の中には、経営が安定している老舗メーカーなど、魅力的な求人があります。昔ながらの中小メーカーは、民間の就職支援サービスを使っていないところも多いので、ジョブカフェでないとこれらの求人に応募できない場合があるのです。

ただ、「駄目求人」の割合が圧倒的なので、これらの求人を探すのは、かなり大変です。しかも、ジョブカフェの求人検索パソコンは、台数が限られているので、使うまでに順番待ちするストレスもあります。

このようにデメリットも多いですが、「地元で就職したい。地元のメーカーで働きたい」という方には、デメリットに目をつぶっても利用する価値があるでしょう。

それ以外の方は、民間の就職サイトを使ったほうがよいでしょう。

ジョブカフェはオススメできる?

imasia_11404141_S

都心部で仕事を探す人には、あまりオススメしません。都心から利用できる民間の既卒就職エージェントの方が、求人の質・サポートともに充実しているからです。

しかし、地方の場合、民間の就職支援会社も利用しにくいため、ジョブカフェも利用する価値があります。

求人の質は高いとはいえませんが、中には良い求人もあるので、精査して使いましょう。地方の方が、地味だけれど堅実な地元のメーカーの求人を探すには便利なツールの1つです。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。