既卒が就職できない原因はコレだ!注意すべき5つの落とし穴

imasia_13676025_S

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました。

正しい就活のやり方を知っていれば、既卒でも正社員の内定を獲得できます。しかし、意外と多くの既卒が、間違った就活のやり方をしていて、そのせいで内定が遠のいてしまっています。

そこで、既卒者がハマりがちない「就職できない5つのパターン」をご紹介します。就職できない失敗パターンを理解し、無内定を避けましょう。

1.大手企業ばかりを受けてしまう

imasia_327685_S

厚労省が「既卒3年以内を新卒として扱うように」と要望を出しているので、これに応える形で多くの企業が既卒を新卒選考枠で受け付けています。マイナビの調査によれば、7割近い企業が既卒を新卒枠で受け付けています。(既卒を受け付けている大手企業は、こちらの記事でまとめています)

ただし、「選考を受けられる」ことと「内定できる」ことは別です。先ほどのマイナビの調査でも、既卒の就職率は30%に過ぎません。大手企業を受けられるのは、既卒3年以内の時期だけですから、大企業を積極的に受けることは大事です。ただし、それだけではいけません。

保険のために既卒採用意欲の高い中小企業の選考も積極的に受けていかなければなりません。では、どうやって既卒採用意欲の高い企業の求人を見つけるのか?については、以下の記事で詳しく解説しています。

【保存版】意外と見つかる!既卒採用の求人を探す5つの方法

2016.02.13

2.「なぜ既卒になったのか?」「空白期間」について説明できない

imasia_2506781_S

新卒では聞かれないのに、既卒になるとほぼ確実に聞かれる質問があります。それが「既卒になった理由を教えて下さい」「空白期間について説明してください」です。

「大学卒業するまでに就職を決めずに既卒になったのには、何か当人に問題があるのかな?」「空白期間が空いたのは、怠けてたからなのかな?」と考え、この質問をします。

これらの質問に上手く対処できなければ、どれだけ良い自己PRをしても、志望動機を伝えても「やっぱり問題がありそうだから…」と採用を控えられてしまうのです。

「既卒になった理由」「空白期間」の答え方については、以下の2つの記事で回答例つきで丁寧に解説しています。必ずチェックして、事前に回答を用意しておきましょう。

面接で「既卒になった理由」を聞かれた時の効果的な回答法

2016.02.10

既卒の面接で「空白期間」を質問された時の効果的な回答法

2016.01.25

3.転職サイトで「既卒可」求人を探す

imasia_12574493_S-2

よくある失敗パターンが、リクナビネクストやRe就活などの「転職サイト」を使って、既卒求人を探すことです。

ネットで「既卒 求人」などと検索すると、Re就活やリクナビNEXTなどの社会人も使う転職サイトの既卒可求人がヒットすると思います。かなりの求人数があるので使いたくなる気持ちはわかりますが、あまりオススメしません。

というのも、社会人向けの転職サイトにある既卒求人は、「既卒が受けても良い」だけで、既卒向け・既卒メインで出された求人ではないからです。メインの対象は、社会人経験者(第二新卒など)です。

これらのサイトで既卒求人を探すと、社会人経験者との争いになり、職歴のない既卒だとかなり不利な戦いになり、就職は遠のくでしょう。正直、社会人経験者と争うくらいなら、リクナビ・マイナビ経由で新卒と争う就活の方が、まだ勝ち目があります。

要注意!既卒者が転職サイトで就活をすべきでない3つの理由

2016.01.27

4.単純に行動量が足りない

imasia_14618868_S-2

実は、意外と多いのがこのパターン。「そもそも就職活動を頑張っていない」です。

マイナビの既卒者調査によれば、「在学時に比べて就活中の行動量(エントリー・説明会参加数など)が増えた」と答えている既卒者は、全体の4割しかいません。6割は「変わらない」「減った」なのです。

ちなみに、既卒者の在学中の行動量は、内定者の行動量に比べて半分しかないこともわかっています。たとえば、内定者が平均で20社にエントリーシートを提出しているのに、在学中の既卒者は平均11社しかエントリーシートを出していませんでした。

「在学中にもあまり就活を頑張っていなかった」ことに加えて「既卒になっても、行動量が増えていない」のならば、厳しい言い方ですが、内定が出ないのも仕方ないといえるでしょう。

既卒で条件が不利になっている分、新卒の時の倍以上頑張るつもりで臨まなければ、満足のいく内定はとれません。

5.自分一人で頑張ろうとしてしまう

imasia_12629641_S

既卒の就活は、新卒とは違い、わかりやすいノウハウが出回っていません。だから、自分一人の力で戦おうとすると高確率で失敗します。

たとえば、「職歴がない人は、履歴書の職歴欄には何を書けばいいの?」なんて、わかりませんよね?既卒のための就活情報が出回っていないので、独力でやろうとすると、情報不足で失敗してしまうのです。

だから、きちんと人を頼りましょう。一番気軽に使えるのは「新卒応援ハローワーク」でしょう。(もちろん、既卒も使えます)相談員は、求人紹介や履歴書の添削アドバイスなど、様々な支援をしてくれます。

また、私がオススメするのが「ハタラクティブ」という既卒向けの就職エージェントサービスです。このサービスに登録すると、専任のキャリアコンサルタントがつき、既卒向けの求人紹介や、履歴書の添削や模擬面接による面接指導など、既卒就活をガッツリサポートしてくれます。

気軽に使える方でいいので、自分一人の力で頑張らずに、人の力を頼りましょう。

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。