職歴なし27歳フリーターの僕が就職に成功した4つの秘訣

imasia_13955264_S

「職歴なし、27歳、フリーター」という条件だと、「もう正社員にはなれないのかな…」と諦めてしまいがちですよね。でも、大丈夫です。正しい戦略を使えば、27歳、職歴なしという条件でも正社員の内定を勝ち取ることは十分に可能です。

そこで、27歳、職歴なし、既卒、ニート期間あり、という厳しい条件で既卒就活をし、内定をとった私が職歴なしのフリーターでも正社員の就職に成功するコツを徹底的に解説いたします。

職歴なし、年齢ハンデありが不利にならない求人を探そう

imasia_14362306_S

27歳で就活をするにあたって、大事なのが「求人をどこで探すか」です。27歳になると、既卒後3年以上経過しているでしょうから、リクナビ・マイナビなどの新卒サイトは使えません。

かといって、リクナビNEXTやリクナビエージェントのような転職サイトも向いていません。これらのサイトは、基本的に社会人向けだからです。応募しても、社会人経験者との争いになるため、職歴がない人には非常に不利です。

では、どうすればいいのか?方法は大きく2つあります。

既卒・フリーター向けの就職エージェントを利用する

オススメなのが既卒・フリーター向けの就職エージェントを利用する方法です。

既卒・フリーター向けの就職エージェントとは、社会人未経験の若者に未経験歓迎の求人を紹介するサービスで、サービスに登録すると、求人の紹介だけでなく、履歴書の添削や、模擬面接による面接指導など、就活全体をバッチリサポートしてくれます。

これらのサービスを使って求人を出している会社は、「多少、年齢が上だったり、空白期間があっても、若い人材を採用したい」会社なので、大学卒業後、時間が経過していても不利になりにくいのです。

内定率80.4%の「ハタラクティブ」がおすすめ

既卒・フリーター向けの就職エージェントは数多くありますが、その中でも「ハタラクティブ」がオススメです。利用者の内定率が80.4%、内定先の51%が上場企業となっていて、ハンデのある経歴からでも優良企業の内定が目指せます。

ハローワークで片っ端から受けていく

ハローワークの「既卒(大学を卒業したが職歴がない人)可」求人を片っ端から受けていくのも良い手です。ハローワークは登録求人が非常に多く、都内だけで4600件以上の既卒可求人があります。

もちろん、年齢で不利になることはありますが、数を受けていけば、年齢を大目に見てくれる会社に出会えます。

イマイチな零細企業も多いですが、中には地味だけど、業績も良く、待遇もしっかりしている企業もあります。根気強く探して、アタックしていきましょう。

既卒内定者が語る!既卒がハローワークで求人を探すコツ5つ

2016.01.12

空白期間については「挫折ー成長」のストーリーで返す

imasia_13873585_S

卒業後に空白期間(正社員として就業していない期間)がながければ、その旨については、かなり高い確率で質問されます。対策をしていないと「いや、その…」と答えにつまり、面接に失敗してしまいます。

では、どう対応すればよいのか?「挫折ー成長」のストーリーを伝えればよいのです。

私は、浪人1年、ニート期間が1年、その後、塾講師のアルバイト3年間という、お世辞にも褒められたものではない経歴をしていました。もちろん、空白期間についてはよく突っ込まれたので、以下のように回答していまいた。

空白期間について聞かれた時の回答例ーー挫折〜成長を語る—

大学時代に就職活動に失敗し、卒業。その後は、就職活動を続ける気力がなくなり、お恥ずかしながら、一年ほどニートのよう生活をしていました。

しかし、このままでは駄目になると思い、アルバイトからでも始めてみることにしました。

就職活動に失敗した理由は、伝達能力の低さであると感じ、この弱みを克服するため、塾講師のアルバイトを始めました。

最初はプレゼンも上手くなく、生徒の評判も悪く、散々な出来でした。しかし、「ここで逃げ出したら、ずっと逃げることになる」と考え、自分の授業姿をビデオに録画し、欠点を把握し、次の授業ではそれを治すよう、何度も何度も繰り返しました。

結果、次の学期では文系講師でトップの評価を獲得できました。この経験から「自分でも頑張れば出来る」と自信がつき、責任のある仕事をしたいという気持ちが強くなり、現在の就職活動に至っております。同世代の人に比べて、遠回りをしましたが、意味のある経験が出来たと思っています。

このように「自分の至らなさから、このような空白期間が開いてしまったが、その時間で自分なりに成長ができた」と肯定的に空白期間を説明するのですね。「挫折」から「成長」のストーリーは魅力的で、面接官の心に刺さりやすく、非常に効果的です。

既卒の面接で「空白期間」を質問された時の効果的な回答法

2016.01.25

圧迫的な質問には全面謝罪しよう

imasia_14755246_S

空白期間が長く空いていると「その歳で、今頃になって正社員を目指すなんて遅すぎるよ」とお説教のようなことを言ってくる面接官がいます。しかも、それなりの割合で。

これらの面接官にどう対応するか?も、27歳で就職活動をするなら大事なポイントです。

基本的には「何か言われたら、全部自分の非を認める」方向で対処してください。

たとえば、「今頃になって正社員になっても、同世代の人はもっと仕事をこなして、成長しているよ」と言われたらこんな風に回答するのです。

「おっしゃるとおりだと思います。私自身、早く就職活動を始めなかったせいで、キャリア的に大きなハンデを負うことになってしまい、非常に後悔と反省をしております。ただ、いくら悔いても時間は巻き戻せないので、これらから人一倍努力することで、少しでもその差を埋めていきたいと思います」

圧迫質問・攻撃的質問をしてくる面接官に、言い訳・反論をすると、より圧迫がひどくなるだけです。が、「はい、私が全部悪かったです」と全面謝罪をすると、なかなかそれ以上は突っ込めません。だって、相手が「自分が100%悪かった」と言っているのですから。

「全面謝罪」するだけだと自信のない印象になってしまうので、最後に例文のように「前向きな言葉」を入れるのを忘れないで下さい。

この「全面謝罪」戦略が使えるようになると、面接で多少圧迫をされても怯えなくなります。

とにかく今、行動を起こそう

imasia_13178431_S-1

ハローワークの職員にもハタラクティブのコンサルタントにも口を酸っぱくして言われたのが「とにかく28歳になる前に正社員の仕事を見つけてください」ということでした。

というのも、「若者・未経験OK」の求人が対象としている年齢の上限が27歳までで、28歳になると、どの求人も「社会人経験」を前提としたものばかりになってしまうからです。

職歴がないフリーターだと、28過ぎると、求人が非常に探しにくくなるのですね。

日本の採用市場は、新卒採用一括主義なので、基本的に歳をとった人には厳しいです。つまり、具体的なスキル・職歴・実績がない場合は「明日のあなたは、今日のあなたより採用されにくくなる」わけです。

「どうせ上手くいかないよ…」と嘆いていては、状況は悪くなるばかりです。すぐにハローワークに通う、既卒向けの就活サイトに登録などの具体的なアクションを起こしてください。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。