【保存版】既卒の面接で聞かれる質問と好印象につながる回答例

imasia_14777212_S

既卒の面接は、新卒の面接とは質問の種類が変わってきます。既卒は、面接官に「就職活動に失敗したのでは?」「在学中に就職活動をしなかったのは、就労意欲が低いからでは?」など、マイナスの色眼鏡で見られるのです。

だから、面接官はその不安を確かめるために「既卒になった理由は?」「就職活動に失敗した理由は?」「空白期間について説明して」などの「ネガティブチェック」をしてきます。

これらの質問に上手く回答できなければ、なかなか内定をとれません。

とはいえ、「そんな質問、どう答えればいいの?」という方がほとんどでしょう。そこで、27歳・職歴なし・空白期間あり、という厳しい条件で就活をし、既卒で内定をとった私が、既卒の面接でよく聞かれる質問とその回答法を徹底的に解説いたします!

私が面接をした中でよく聞かれた順にランキング形式で、よく聞かれる質問とその回答法を解説していきます。

聞かれる頻度1位:既卒になった理由

imasia_9331570_S

「既卒になった理由」は、面接でほぼ確実に聞かれる質問です。「就職活動に失敗したということは、何か問題がある人なのでは?」「就職活動をそもそもしなかったのなら、就労意欲が低いのかもしれない」と面接官は懸念を抱いているからです。

就職活動に失敗したケースの場合は、「なぜ失敗したのか?それについてどう反省しているのか?」をしっかり答えなければなりません。

就職活動をそもそもしなかったケースの場合は「なぜ就職活動をしなかったのか?それについてどう反省しているのか?」を説明しなければなりません。

どちらも非常に答えにくい内容ですよね。そこで、以下の記事では、詳しい回答例つきで、ケースごとに「既卒になった理由」の回答法を解説しています。

面接で「既卒になった理由」を聞かれた時の効果的な回答法

2016.02.10

聞かれる頻度2位:空白期間の説明

imasia_2506781_S-1

卒業後に空白期間(正社員として就業していない期間)がある場合、その時にどんなことをしていたのか?は非常に高い頻度で質問されます。ただ、ダラダラせず目的意識を持って行動していたか?を確かめようとしているのですね。

この質問には「〜という目的があって(目的意識を示す)」「〜という取り組みをし(インターン・アルバイトなど)」「〜という学びを得た」など、「空白期間はあったが、学びを得た」という形で回答するとプラスに評価されます。

以下の記事では、回答例つきで空白期間の上手いごまかし方を解説しています。

既卒の面接で「空白期間」を質問された時の効果的な回答法

2016.01.25

聞かれる頻度3位:逆質問

imasia_9632571_S-2

実は、かなり聞かれるのがこの質問です。面接の最後で「最後に何か質問はありませんか?」と逆質問をされるのですね。既卒で受ける会社は、新卒の時と比べて有名でない会社が多いため、人事も「できるだけ疑問に答えてあげたい」とこの質問をしてくる傾向にあります。

この質問に「特にありません」と答えるのは、「御社に興味がありません」と言っているのも同義です。本気で志望していれば、質問の1個や2個は必ず出てきます。

とはいえ、なかなか良い質問を考えるのは大変ですよね。そこで、既卒の面接で「最後に何か質問はありませんか?」と聞かれた時に使える質問例をご紹介します。

【保存版】既卒の面接で聞かれる質問と好印象につながる回答例

2016.01.28

聞かれる頻度4位:志望動機

imasia_13853155_S

志望動機は、新卒以上に既卒では重要です。既卒は年齢面でハンデがあるため「努力でそのギャップをカバーします」という熱意が求められるのです。逆に言えば、多少空白期間などのハンデがあっても、「その仕事でやっていきたい」本気の熱意を見せられれば、面接に通ります。

熱意を示すには、ただ企業研究をしっかりしているだけでは駄目で「実際に会社で働くための行動」を既に起こしていなければなりません。たとえば、応募職種の資格を勉強していれば、「本気度」が伝わります。

以下の記事では、私が内定した時に使っていた回答例つきで、企業に「本気度」を感じさせる志望動機の作り方を解説しています。

面接官に響く!既卒の志望動機で意識すべき5つのポイント

2016.01.25

聞かれる頻度5位:自己PR

imasia_13229414_S

新卒の時ほどの頻度ではありませんが、既卒の面接でも自己PRは質問されます。自己PRは、あなたの良さを面接官に直接伝えられる機会なので、最大限活用し、内定に近づかなければなりません。

ただ、既卒の場合、空白期間が長い人と、空白期間が短い人では、自己PRの戦略が変わります。空白期間が長い人は、学生時代の活動を自己PRに使えません(こんなに期間があるのに、まだ学生の話かよと思われるため)

そこで、回答例つきで、既卒の面接で自己PRを聞かれた時の回答法を詳しく解説いたします。

既卒の方必見!面接の自己PRで人事の心を掴む4つの技術

2016.01.25

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。