文系だけど営業は嫌な既卒がITエンジニアを目指すべき理由

imasia_14213985_S-2

既卒で文系。ただでさえ、厳しい条件だけど「でも、営業は性格的に向いてないし、やりたくないんだよな…」と感じていませんか?

引っ込み思案だったり、売り込むことに苦手意識を感じていると「営業職の仕事が多いのはわかるけど、でも、営業はヤリたくない」と思うこともあるでしょう。

実際、私も文系だけど営業をやりたくない派の一人でした。友達作りも苦手な非リア充なので、自分が営業としてお客様と接している姿を全然想像できませんでした。

既卒就活エージェントのアドバイザーにこのことを話したところ「では、文系からIT技術者を目指したらどうですか?」と言われました。最初は「え?文系なのにIT技術者とか無理でしょ?」と思っていたのですが、話を聞けば聞くほど「これしかない」と感じるようになりました。

実際に、既卒としてIT技術者志望で就活をし、内定をとった経験から「営業をやりたくない文系にIT技術者がオススメな理由」をご紹介します。

そもそもITエンジニア・の仕事ってどんな仕事?

imasia_13853155_S

「いや、オススメとか言われても、そもそもITエンジニアの仕事ってよくわからないんだけど」という人のために、ゼロからITエンジニアの仕事を詳しく解説いたします。

そもそもITエンジニアの仕事とは、どんな仕事なのか?

ITエンジニア・SEというと、「何かシステムをつくる人」という漠然としたイメージになっている方が多いと思います。ITと一口にいっても、様々な仕事の種類があります。ITエンジニアと呼ばれる仕事には以下の仕事の種類があります。

  • システムエンジニア(SE)……お客様先に常駐し、お客様の求めるシステム・インフラの開発や保守運用を担当する仕事
  • ネットワークエンジニア…オフィス・サービスのネットワーク環境を整備・立ち上げるエンジニア。ネットワーク環境の立ち上げだけでなく、保守・運用も担当する
  • Webエンジニア…Webサービスの開発や保守運用・改善を担当するエンジニア。自社のシステムを担当する場合も多い

主に、このような職種に分かれます。ITエンジニアは、お客様先に常駐すれば、月1人あたりでフィーを請求できるため、営業と同じく「利益を生む職種」の一つです。だから、不況でも求人の数が多く、未経験の既卒でもチャレンジできるのです。

エンジニアの仕事で求められる能力とは?

エンジニアの仕事で活躍し、ステップアップするためには以下の能力が求められます。

コミュニケーション能力

営業のように売り込みをする必要はありません。しかし、ITエンジニアにもコミュニケーション能力は重要です。お客様が求めるシステムはどんなものか?をヒアリングによって理解し、その要望を実現するシステムを提案し、納期を交渉し…これら全ての側面でコミュニケーション能力が求められます。

向学心

エンジニアとして活躍するには、日々進化するIT技術を理解し、習得し続けていかなければなりません。だから、新しい技術を積極的に学ぶための「向学心」が欠かせません。厳しい面もある一方で、技術さえ身につければ、会社を限らずにどこでも活躍できるというメリットもあります。

マネジメント能力

エンジニアとして成長し、スキルアップしていくと、プロジェクトのリーダーを任されることになります。プロジェクトのリーダーまでなれば、たいていの会社で、年収600万はoverします。ただ、このポジションでは、プロジェクトメンバーを上手く管理し、成果をあげるための「マネジメント能力」が必須です。

現在はマネジメント能力に自信がなくても、エンジニアを目指すなら将来的には必須になるスキルです。

このITエンジニアの仕事は「営業には抵抗のある既卒」に非常にオススメです。その5つの理由を詳しく解説いたします!

文系でもIT技術者として採用してもらえる

imasia_14332578_S

「そもそも、既卒文系はIT技術者として採用してもらえるの?」と疑問を抱くかもしれません。

ITエンジニアの半数以上は文系出身

結論からいえば、文系でもIT技術者として採用してもらえます。エージェントによれば、大手のSIerや、大規模システム開発会社でも、未経験から働いている人の半分以上は文系出身者だそうです。

プログラミング言語は、「コンピューターに指令を出す言葉」なので、プログラミングのルールさえわかれば、理系的な知識がなくても、開発者として成長できるのです。

確かに、一部のスーパープログラマーのようなことは出来ませんが、業務上のシステム開発くらいなら、未経験からでもきちんと勉強すれば、出来るようになります。

研修でスキルを身につけられる

また、「技術者のスキル=お客様に請求できる金額」になるため、どの開発会社でも研修を通して、スキルを習得させてくれます。というのも、スキルがない人をお客様先に送り込んでも、利益にならないからです。

だから、ITエンジニアなら、未経験から既卒で入社しても、スキルを身につけることができるのです。

技術さえあれば、営業のようなコミュ力は不要

imasia_13188079_S

IT技術者の場合、営業のように商材や自分を売り込むタイプのコミュ力は必要ありません。だから、コミュニケーションに苦手意識を持っている方でも、活躍できるのです。

エンジニアとして必要なコミュニケーション能力は「お客様と対話しながら、お客様の課題を理解していく」「どのような実装をするかをわかりやすく説明する」能力です。つまり、「意思伝達能力」ですね。いわゆる「相手に上手く取り入るコミュ力」とは別の能力です。

コミュ力に自信がなくても立派に活躍できるIT技術者は、営業がやりたくない文系にはかなりおすすめです。

努力が年収アップにつながる

imasia_13369261_S

「コミュニケーションに苦手意識がある人」は、コミュニケーションは苦手でも、コツコツと地道に努力することは得意な人が多いです。ITエンジニアほど「コツコツ努力する」姿勢を活かせる職業はありません。

たとえば、IT技術者は、資格を取得すれば、基本給がアップし、出世もしやすくなります。努力がそのまま年収アップにつながるのですね。

努力して資格を取得すればするほど、担当業務の範囲が増え、年収がアップし、出世もできる、というわけです。

コツコツ努力するのが得意な、真面目な文系タイプには、IT技術者のキャリアはかなり向いているといえます。

IT技術者は、食いっぱぐれない

imasia_13873585_S

転職のチャンスが常にある

プログラミング技術を持っていると「手に職」がある状態になります。今や、ITは企業の経済活動と切手も切り離せない存在なので、確かな技術力を持っていれば、食いっぱぐれることがありません。仮にその企業が駄目になっても、すぐに次の仕事が見つかります。

また、IT業界は、人材の流動性が高いので、転職がしやすい業界です。最初に入った会社が無名の会社でも、そこで確かな技術力を身に付ければ、次の転職で優良企業に転職できることがあるのです。

既卒で中小企業に内定をしても、努力次第で大手を目指せる

既卒で就活をすると、新卒の時と比べて、どうしても内定先のランクが下がってしまいます。しかし、IT技術者なら、内定先の企業で努力し、技術を身に付ければ、転職をした時に優良企業に行けるのですね。

ある意味、大手企業に内定し、そこで何の技術も身につけなかった文系の人よりも、長期的には良いキャリアを歩める可能性が高くなります。

ITエンジニア職は既卒向けの求人数が多い

imasia_12756285_S

ITエンジニアは新卒に人気がないため、既卒に枠が回ってくる

また、ITエンジニアの仕事は、既卒向けの求人数が多いというメリットがあります。システム開発会社は、「文系では無理だろう」と思われて、新卒の学生から敬遠されがちです。だから、マザーズ上場、二部上場クラスの企業でも、新卒採用で苦戦してしまいます。

結果、これらの企業は、若者を採用するために、既卒に手を伸ばすことになります。結果、「既卒でもこんな優良企業の求人があるんだ」というほど、良い既卒向け求人が増えるわけです。

IT業界は成長中=既卒求人が多い

また、IT業界は、市場も成長しているので、「ビジネスを拡大するため、とにかく人が欲しい」企業が多く、採用活動も積極的です。

求人数も多く、採用意欲も高い企業が多いため、真剣に就活をすれば、とても内定が出やすいのです。

このような理由から、「文系だけど、営業はやりたくない」人には、ぜひ、IT技術者としてのキャリアをオススメします。

文系からITを目指すなら、UTWOが使える

文系からITエンジニアの仕事を目指すなら、既卒就職エージェントのUTWOがお勧めです。上場企業クラスのIT求人も多数抱えていますし、就職サポート(履歴書添削・面接指導)も抜群なので、文系からITエンジニアを目指すことに興味があるなら、是非利用してみましょう。

UZUZの評判は?実際に利用して不満点も正直にレビュー

2016.02.03

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。