リビーキャリアってどうなの?不満点も含めて既卒の私が本音でレビュー

Rebecareer(リビーキャリア)は、新卒向けの採用イベント「ジョブトライアウト」で有名な「リビーキャリア」が運営する、既卒向けの就職支援サービスです。

でも、「新卒採用向けの会社じゃないの?既卒でも大丈夫なの?」と不安になるかもしれません。

そこで、Rebecareer(リビーキャリア)を実際に利用した私がメリット・デメリット含めて本音でレビューします。これを読めば、リビーキャリアを使うかどうかの判断ができるはずです。

リビーキャリアを使う3つのメリット

1.新卒と同等レベルの求人を紹介してもらえる


リビーキャリアを使う一番のメリットは、新卒と同等レベルの条件の良い求人を紹介してもらえる点です。リビーキャリアは「ジョブトライアウト」という新卒採用のイベントを運営している企業でもあるのですが、そのコネクションを活かして、若手人材を求めている企業を数多く把握しているからです。

一般的に、既卒向けの就活サービスは新卒に比べて、紹介してもらえる求人の質があまり高くないことが多いです。しかし、リビーキャリアは新卒イベント運営のコネクションから「若手人材を求めている」「新卒だけでは必要な内定数を確保できない」企業を多く知っているので、それらの企業を既卒に紹介できるのです

コンサル・広告のような業界は人気なので既卒向けの就活サービスでは扱っていないことも多いですが、リビーキャリアはそれらの案件もガッツリ取扱ています。また、年収の面でも、Re就活などの既卒サイトよりも、50〜100万近く高い案件が多かったです。

既卒でも、新卒と同等レベルの条件の良い求人にトライできるのは、リビーキャリアを使う一番のメリットだといえます。

2.しっかり希望条件をヒアリングして、希望を尊重してくれる


既卒の就活をしていない人には「しっかり希望条件をヒアリングしてくれる?当たり前じゃないの?」と思うかもしれません。しかし、既卒就活の場合、そうではないのです。

ほとんどの既卒向け就活サービスは、企業と「1人内定したら〜万円」という契約をしています。(だから既卒者は無料で支援できる)内定してもらわないと利益にならないため、既卒向け就活支援会社の中には「既卒なんだから、選り好みするな」という形で、こちらの希望もろくに聞かずに、面接に進ませる会社が少なくないのです。

正直、1社や2社ではなくく、半分以上が「ゴリ押し」で無理に会社を受けさせるサービスでした。

しかし、リビーキャリアはこちらの希望を聞かずに無理やり会社を受けさせるような姿勢は全く感じませんでした。最初のキャリア面談でも、数時間かけて、こちらの希望業種・職種をしっかりとヒアリングしてくれました。

私の希望条件から少し外れる会社を紹介する時にも、「あなたの条件とは少し違うが、「自分の裁量で様々な試行錯誤ができる」という点では、ネット広告運用の仕事もそれに近い点がある」等と、あくまで私の希望を尊重して提案をしてくれました

納得のいく会社の選考だけを受ける形になるので、非常に効率的に就職活動が進められます

就職カウンセラーのレベルが高く、面倒見が良い


3つめの特徴として、就職カウンセラーのレベルが高く、とても面倒見が良い点です。

リビーキャリアには、数千人規模で新卒・既卒の採用を支援してきたカウンセラーが多数在籍していて、非常に高いレベルの選考対策をしてくれます

既卒を数多く支援してきているので「既卒はどういう点をアピールすると採用されるのか?」「企業は既卒にどんな懸念を抱いているのか?その懸念を払拭するにはどんなアピールをするべきか?」など、既卒採用を熟知した選考アドバイスをしてくれます

これらのアドバイスを受けておくだけで、1人でただ選考にのぞむよりも、内定率を大幅に伸ばせます

また、面倒見の良さも特徴です。一般的に既卒向けの就職支援サービスでは、なかなか内定が決まらないと、企業もあまり紹介してもらえなくなり、「ほぼ放置」のような形になるところが少なくないです。

しかし、リビーキャリアは内定が決まらなくても「じゃあ、こういう求人はどうだろう?」「面接ではこんな点を直して、チャレンジしてみよう」など、内定が決まるまで面倒を見てくれます

リビーキャリアのデメリットは?

経歴によっては受けられない求人がある

最初は、論理的に考える力に自信があったので、コンサル・企画の仕事を希望していました。しかし、「合格可能性が低いため紹介は難しい」と断られてしまいました。

リビーキャリア等の就職サービスは、前述のように「内定したら、企業から〜万円」とお金をもらうビジネスモデルなので、経歴的に合格可能性が低い求人はこちらが希望しても、紹介してもらえないことがあります

リビーキャリアは「既卒3年以内向け=新卒ニーズの求人」と「それなりのキャリアを積んだ第二新卒向けの求人」が中心なので、大学卒業後に3年以上経過してしまって年齢もいっている私のような条件の人の場合、一部で受けられない求人があります。

ナビサイトでは、合格可能性は低くても、チャレンジはできるので、自分で受けられる求人を完全に選べないのはデメリットでしょう。逆にいえば、合格可能性の高い求人だけを紹介してもらえるので、時間を無駄にすることなく、就活を進められます。

地方から利用しにくい

支点が東京・大坂・福岡の3店舗なので、北海道・東北・中部・東海・四国などの地方の既卒者には利用しにくいサービスです。キャリア面談に一度や二度訪れるくらいなら何とかなるかもしれませんが、面倒見のよいリビーキャリアでは、既卒の就活中、何度も支点に脚を運ぶことになるので、距離が遠いとかなり厳しいでしょう。

地方の既卒者には、支点が多く、地方からでも利用しやすい「いい就職.com」や「就職shop」がオススメです。

リビーキャリアはどんな人にオススメ?


新卒と同等レベルの条件の良い求人が多く、カウンセラーのレベルも高い「リビーキャリア」は既卒で就活を頑張る人には非常にオススメできるサービスです。

ただ、の既卒求人が多いため、「大卒後、3年以上ニート・フリーターをしていた」など、既卒3年以上経過している人には、少し相性が悪いサービスかもしれません。私は27歳・既卒4年・職種なしで利用しましたが、一部条件のせいで紹介してもらえない求人がありました。

既卒3年以内で、より良い条件の求人を探している人には、リビーキャリアは非常にオススメできるサービスです。

30秒で完了!リビーキャリアの無料登録はこちら

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ウズキャリ既卒(既卒の実績No1!他社の10倍時間をかけて、就活をサポート)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

2
リビーキャリア(既卒・未経験OKの求人が多数。大手企業の求人も紹介可能)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_12756285_S3
ハタラクティブ(求人数が豊富で、自分とマッチする求人が見つけやすい)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 4
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 5
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...