Re就活の評判は悪いの?既卒の私が利用して不満点も本音でレビュー

スクリーンショット 2016-02-05 12.37.32

Re就活は、「既卒者歓迎」求人を多数のせているので、既卒の就活生なら一度は利用を検討したことがあるはずです。

しかし、ネットで評判を検索すると、「求人の質がイマイチ」「営業やSEの仕事ばっかり」など悪い評判も見つかります。

では、実際にはどうなのでしょうか?

そこで、既卒として就職活動をして内定をとった私が、実際に利用して感じた不満点がも含めてRe就活を徹底的にレビューしていきます!

Re就活を利用して感じた3つの不満点

imasia_14568105_S-2

1.条件の良い求人が少ない

Re就活への一番の不満点は「条件の良い求人が少なく、探すのが大変」ということです。既卒の求人だと、「週休二日制」「初任給20万円以上(年収240-300万相当)」の両方を満たす求人は、全体の22%に限られてしまいます。

ハローワークでも、既卒の求人のうち「週休二日」「初任給20万以上」は全体の34.6%(都内調べ)もあることを考えると、これは厳しい数字です。求人の条件が良いとは言い難いです。関東在住ならハローワークで探した方がマシだと感じてしまいます。

もちろん、中には条件の良い求人もあるのですが、「希望業界」「希望職種」のこともあるので、希望にあう求人はかなり少なかったです。

既卒とはいっても「土日祝は最低限休みたい」「大卒なので初任給20万円は欲しい」と考えていたので、Re就活では条件にあう求人を探すのに苦労しました。これが一番の不満点です。

(※…データは2016.10.27日現時点のもの)

2.登録企業は中小が多く、上場企業は1割程度

また、Re就活を利用している企業の規模は、中小企業〜中堅企業が大半を占め、上場企業の求人は全体の12%しかありません。(10.27時点)

他の既卒サイトでは、「利用者の就職先の51%が上場企業」などのサイトもあるので、それらに比べると、企業の規模が小さい印象を受けました。

私のように「既卒でもできるだけ大手に」と考えている時には利用しにくい媒体だと思います。

3.基本は放置でサポートがない

他の既卒向け就職サービスは、登録すると「履歴書の添削」「模擬面接トレーニング」などのサポートを受けることができます。既卒就職のノウハウは、あまり出回っていないため、これらのサポートサービスは非常に役に立ちます。

ただ、re就活は基本的にナビサイトなので、これらのサポートがありません。既卒の面接では「なぜ就職できなかったの?」などの厳しい質問をされるので、面接対策を受けているかどうかで、合格率が大きく変わってきます。その対策ができないのはマイナスに感じました。

「就職博」というイベントで履歴書の対策は受けられますが、サポートの面では他のサービスに劣ると感じました。

絞り込み検索が使いにくい

不満点と言うほどではないのですが、地味に嫌だったのが「絞り込み検索が使いにくい」という点です。たとえば、労働条件で「週休2日」「初任給20万」にチェックを入れて絞り込むと、「週休2日あるいは初任給20万のどちらかを満たす」求人がヒットしてしまうのです。

絞り込み検索は普通「週休2日かつ初任給20万」を求めて探しますよね。それが出来ず「週休2日あるいは初任給20万のどちらかを満たす求人」が大量にヒットしてしまい、検索特化のナビサイトなのに希望の求人を探すのに苦戦しました。

Re就活を使って良かったポイント2つ

既卒者の採用意欲が高い企業が多い

imasia_12416915_S

前述したように、Re就活の求人の質は満足のいくものではありませんでした。「週休2日制」の条件でも全体の半分以下になってしまうなど、登録されている求人の待遇は良いとはいえないものです。

ただ、Re就活では、利用企業の既卒者を採用する意欲がとても高かったです。既卒を積極採用している企業が多く、ハローワークで「既卒OK」の求人を受けるよりも、書類選考の通過率が良く、スムーズに面接選考までたどり着けました。

また、面接中に「いつくらいから働けそう?」と聞かれるなど、「本気で若手人材を求めている」企業が多かったです。ハローワーク・リクナビの「既卒OK」求人と比べて、Re就活の企業は既卒へ真剣だなと感じました。

既卒の離職率が低い

また、Re就活の良い点としては「内定した既卒の離職率が低い」ことです。Re就活から企業に内定した人の3年以内離職率は18%です。82%の内定者は3年以上、定着しているということですね。新卒の3年以内離職率が34%(2014年)であることを考えれば、これはとても良い数字でしょう。

既卒で中小企業を受ける時に心配なのが「ブラックじゃないかな?」という点です。ただ、離職率から考えても、ブラック企業の比率は低く押さえられていると考えられます。私の受けた企業も、待遇面は悪いですが、労働時間や職場の雰囲気は「長く働けそう」と感じる企業が多かったです。

「条件面には、あまりこだわりがない」「正社員として、できるだけ早く働きたい」ときには、利用の候補にあげられるサイトだと思います。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。