既卒の就職活動はどうすればいい?既卒の就活生が知るべき3つの要点

imasia_13853148_S

既卒(大学を卒業したが、就業経験がない状態)で就職活動をすることになったけれど、どうやって就活を進めていいかわからず悩んでいませんか?

新卒の時と違って、既卒の就活はわかりやすい行動スケジュールがないため、どうすればいいかわからず、悩んでしまいますよね。

そこで、既卒で就職活動をして、上場企業のメーカーから内定をとれた私が、既卒の就職活動の要点を徹底的に解説いたします!これだけ読めば、既卒就活のやり方は完璧です。

既卒で就活をするなら絶対に知っておくべき基礎知識

imasia_11421623_S

既卒3年以内は「新卒向けの求人」を受けてもOK

「既卒になったらリクナビは使えないの?リクナビから新卒向けの求人に応募してはいけないの?」と不安になる方も多いでしょう。

既卒になっても、卒業後3年以内なら、リクナビ・マイナビから企業の新卒向け求人に応募してもOKです。

厚労省の通達により、若者に雇用機会の場を開くため、既卒でも卒業後3年以内なら新卒と同じように扱ってくれる企業が増えています。昨年度のマイナビの調査によれば、企業の7割が既卒者を新卒枠で受け入れています。

もちろん、既卒ということで、新卒に比べて多少のハンデはあります。が、リクナビ経由で受けられる有名企業にチャレンジできる機会を活かすため、積極的にチャレンジしていきましょう。

既卒の就活時期は通年採用。始めたいと思ったら、その時が始め時

「そもそも既卒の就活はいつから始めればいいの?」と悩む方も多いのではないでしょうか。新卒と違い、明確なスケジュールが公開されてないのでわからないのですよね。

既卒のスケジュールは「通年採用」です。通年採用とは、特定の時期を決めずに「いい人がいれば採用する」採用方針のことです。

年中を通して内定が出るので、「就活を始めたい」と思ったら、その時期が始め時です。

ただし、内定が出やすい時期はある

ただし、企業の採用活動ですから、内定が出やすい時期、出にくい時期はあります。出やすい時期は8-10月、そして3月です。

HP3.jpg

これはマイナビの「既卒者の就職活動調査(2015)」のグラフです。濃い青が就活終了時期(内定時期)になります。8-10月、3月に集中しているのがおわかりでしょうか?

8-10月は、新卒枠の内定です。新卒枠の内定は、新卒の学生と同じスケジュールで出るため、新卒と同じ8-10月に集中しています。

3月は、企業の一般向けの就職活動のピーク時期です。次の年の働き手を確保するため、3月にドンと若者に内定を出しています。これらのスケジュールを念頭において、就活をしましょう。

既卒で就職活動しても内定はできるの?就職率はどのくらい?

既卒で就活をすると「どうせ内定出ないんでしょ?就職できないんでしょ」とネガティブな思考になりがちです。日本は新卒採用が大半なので、そのレールから外れると、不安になってしまいますよね。

では、実際には内定率はどうなのでしょうか?

既卒の内定率は43.2%。例年に比べて、劇的に改善している

スクリーンショット-2016-07-27-13.31.42.png

マイナビの既卒者調査(2015)によれば、既卒者の内定率は43.2%です。数字だけ見ると、新卒の内定率79.9%に比べ、低いかもしれません。

かし、それでも、30%台だった例年に比べて、大幅に数字は改善しています。

また、既卒者の中には、内定が出ないため、早々に就活を諦めてしまった方が少なからずいる(調査回答者の半数近くが「現役時よりも行動量が減った」と回答)ので、懸命に就活を続けた人の場合は、もう少し良い数字が出るはずです。

「既卒向け」の求人を受けると更に内定率は上がる

新卒向けの求人を既卒で受けると、年齢が若い新卒に比べて、どうしても不利になってしまいます。

しかし、既卒者向けに出されている求人を受けていけば、既卒が不利になることはありません。既卒向けに求人を出している企業は、既卒の採用意欲も高いので、かなり高い確率で内定が出ます。

たとえば、既卒向けの就職サイトである「ハタラクティブ」「UZUZ」「リクナビダイレクト」はどこも、利用者の内定率75%以上と公表しています。

既卒向けにも良い求人はある

「既卒向けなんて、どうせブラック求人ばかりでしょ?」と思っていませんか?

これは私の経験ですが、既卒向けに求人を出している企業でも、業績の良い優良企業(上場企業含む)がいくつもあります。BtoB企業だと知名度がないため新卒をとれず、既卒者にも求人を出しているからです。

実際、私が内定をいただいた会社も、既卒向け求人から応募しました。二部上場ですが、業績も伸びており、海外にも積極的に進出している会社です。このような会社も既卒向けに求人を出しています。「既卒だから無理」と諦めずに、どんどん応募していきましょう。

既卒者はどんな就職サイトを使えばいいの?

imasia_14213985_S-2

さて、一番気になるのが、「既卒の求人を探すにはどんな就職サイトを使えばいいの?」という点ではないでしょうか?一番大事な「サイト選び」について解説します。

ハローワークはオススメしない

「ハローワーク」の利用を検討する方も多いでしょうが、オススメしません。確かに、ハローワークは求人数が多いのですが、利用料が無料のため、零細企業の求人が多く、玉石混交すぎるからです。また、求人票にも嘘があるケースも多数報告されています。

職務経験がないと、大量の求人の中から、真偽を見分けつつ、良い求人を選び抜くのは難しいでしょう。全体的に企業の規模は小さいところが多いので、「他で決まらなかった時の最後の手段」と考えておきましょう。

新卒向け求人を探すなら

前述したように、既卒からでも新卒の求人に応募できます。新卒の求人に応募するなら、リクナビ・マイナビが便利です。

どちらも「既卒可」の条件で求人を絞り込み検索できます。探せばわかりますが、マツダやホンダなど、日本を代表する大企業が既卒者を受け入れています。

日本を代表する有名企業に応募できるのは、リクナビ・マイナビ経由だけなので、ぜひチャレンジしてみましょう。

既卒向け求人を探すなら

新卒向け求人は既卒だと少し不利になります。なので、足場を固めるために、既卒専門の就職サイトも利用しましょう。既卒向けサイトは内定率が高いので、内定を獲得するにはオススメです。

数あるサイトの中でもオススメなのが「ハタラクティブ」です。既卒向けの求人はどうしても企業の規模が小さいところが多くなってしまうのですが、ここは利用者の内定先の51%が上場企業、36%が資本金1億円以上の中堅企業と、紹介企業の質が高いです。

また、模擬面接トレーニングや履歴書の添削などのサービスも受けられるので、就活力の底上げにも利用できます。

既卒者の面接ではどんなことを質問されるの?準備はどうする?

imasia_9331570_S

基本は新卒の面接と、同じ質問がされる

既卒者の面接の実態はあまり知られていません。実は、新卒とほとんど同じ面接内容です。

既卒者も新卒と同じ「ポテンシャル採用(職務経験ではなく、今後の成長に期待して採用すること)」なので、新卒と面接内容はほとんど同じになります。

私が面接で聞かれた質問の上位は、

既卒の面接でよく聞かれる質問

  • 自己紹介をしてください
  • 学生時代に力を入れたことは何ですか?
  • 自己PRをしてください(あなたの強みは何ですか?)
  • 志望動機を教えて下さい
  • 入社後はどんな仕事をしたいですか?

これらの新卒でもよく聞かれる質問が大半でした。新卒でも聞かれる質問上位には、既卒も対策をしておく必要があります。

「なぜ既卒になったか?」を聞かれる

ただ、既卒にのみ聞かれる質問もあります。それが「なぜ既卒になったのか?」です。特に、「なぜ既卒になったのか?」は非常によく聞かれます。

既卒になった場合、「就職活動に失敗した」or「そもそも就職活動をしなかった」のどちらかです。前者の場合は「他で落とされるには理由があるのか?」後者には「働く意欲に問題はないか?」という懸念を企業は抱きます。

その懸念を確認するため「既卒になった理由」について質問するのですね。

既卒になった理由を聞かれた場合の対処法

「なぜ既卒になったのか?」を聞かれた場合は正直に答えましょう。嘘をついても、いずれバレます。正直に以下のように答えましょう。

就職活動に失敗したケース

「◯◯業界を中心に受けていましたが、上手くいかず、既卒として就職活動をしています。原因は、◯◯だと反省しています。現在は、◯◯と考え、◯◯業界を中心に就職活動をしております」

就職活動に失敗して、既卒で就活をしている場合は上記のように「なぜ失敗したのか?」「原因は何か?自分なりに振り返る」「現在はどういう軸を持って、どんな業界で就活をしているか?」この3点を合わせて答えましょう。

就職活動をしなかった(できなかったケース)

海外でボランティアをしていたため、就活シーズン中に就職活動ができず、現在、既卒として就職活動をしています。ボランティア活動で得た学びは大きかったですが、就活との折り合いをつける方法を模索するべきだったと反省しています。

何らかの理由で就職活動をしなかったor出来なかった場合は、その理由を正直に告げましょう。自分なりの反省点も語れるとベストです。

まとめ…既卒の就活は、楽ではない。でも、頑張れば内定は出来る

既卒の就活は、決して楽ではありません。既卒者はどうしても「去年の就活に失敗した人」という色眼鏡で見られがちで、新卒に比べて不利になってしまうことがあります。

しかし、新卒向けの求人に多数にアタックしたり、既卒就職サイトから既卒向けの求人に応募していけば、内定は決して難しいものではありません。

諦めず懸命に努力し、正社員の内定を勝ち取りましょう。

既卒の就活に強い!既卒向けの就職サイトBEST5

imasia_9065120_S1
ハタラクティブ(既卒の内定実績No1!既卒から正社員の内定を目指すなら)

既卒になると、新卒の時のようにナビサイトが使えなくなり、既卒歓迎の求人を探すのに苦労すると思います。既卒求人の見つけ方を知らないと、「どうしよう」と途方に暮れてしまいますよね。そこで、既卒採用の求人を見つける効率的な方法をご紹介します!

imasia_12756285_S2
UZUZ(IT・ベンチャー企業の求人に強く、就活サポートが充実している)

既卒の面接は、新卒とは少しルールが違います。「既卒ということは、新卒の時に上手くいかなかった問題のある人物なのでは?」と色眼鏡で見られ、その懸念を払拭するべき受け答えをしなければならないからです ...

imasia_14141661_S-2 3
いい就職(既卒・フリーター向けの求人多数。地方支店も多く、利用しやすい)

既卒になると、履歴書の書き方がわからず困りますよね。新卒の時のように大学指定の履歴書を使うべきか?市販のものを使うべきかでも迷いますし、職歴欄にアルバイト経験を書くかどうかでも迷うはずです ...

imasia_13676025_S 4
ジェイック(ニート・高齢でも求人を紹介してくれる。ただし、営業系の求人が多い)

「既卒になると就職できないんでしょ・・・?」と思っていませんか。既卒だから就職できないわけではありません。実際、私は27歳、職歴なしという立場でしたが、2社の内定を獲得することが出来ました ...

imasia_9331572_S 5
Re就活(既卒向けの求人を多数掲載。ただし、サポートはほとんど無い)

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。